お尻の穴が勝手に大きく開いて

奴隷は主に忠誠をつくすが

子宮まで届くほど深く突きを入れるリズムが女性を最も歓ばせるらしいのだ
も、もう、やめなさいっ!じゅ、じゅうぶんでしょっっ!!僕はいつも、佳純様の、女の人は何度でも大丈夫だと、ぼ、素晴らしい手と、それに、そんなの嘘よっ!口で5回はイカせて頂きお伺いした事があります。毎日5回ですって…お前はバケモノました。バケモノにしたのは、佳純様ではありませんか。バケモノ。が静かな口調でそう言うと、私は言うべき言葉を失ってしまった。内側から滲み出る情欲でネットリ妖しく光り始めた私の乳房に。度目の絶頂を授けようと、アイツは手の柔らかい動きを再開しながら言っ。

奴隷またはそれ以下だったし

ぼ、僕、あれからずっと毎日5回は出しています。中学でも高校でもずっと、佳純様の事を思い浮かべながら…だから佳純様も、もっともつとイッテ下さいっ!!あくっっっ!こうして、アイツの30分間の乳房愛撫の前に私が極めてしまった絶頂は、偶然にもアイツの1日の射精と同じ回数を数えていたのである。そしていよいよアイツは体をずらして、手錠で割り裂かれた私の股間に顔を埋め、完全に淫汁が染み出して太股にまで滴っているパンツに頬ずりして来。佳純様の素晴らしい匂いがいたします。舐めさせて下さい…。

 

ペニスが刺激に敏感になって

お、押本君っ!5回もアイツにイカされた私は、もはや権高に振る舞う事が出来なくな。押本君。と呼んで懇願していた。汚いから、やめて…おしっこもしちゃったから…5回のアクメの間に、どうにも体の抑制が利かなくなっていた私は大量の失禁もしてしまっていたのである。が、んでいた押本正人はもちろん平気だった。小学校の時私の小水を喜んで飲。光栄です。ああアイツは私の愛液と小便の混じったパンツの汚れを嬉しそうにペロペロと舐め尽くすと、とうとうその濡れ雑巾のようになった布切れのサイドにハサミを入れて剥ぎ取っていった。そしてアイツは私の花唇を目前にこう呟いた。

乳首を摘ままれた真澄が悲鳴を上げた
とてもお奇麗です、佳純様何が奇麗なものか!自分のその部分を意識してよく見た事はないがたぶんとってもグロテスクだと思う。それがえっち汁とおしっこにまみれて無惨な姿を晒しているに違いないのだ。しかし私の小便を甘蜜のように味わうアイツにとっては、美しい花のように見えるのだろうか。しげしげと熱心にのぞき込んで来るアイツの視線を感じると、おぞましい興奮で体奥がカーッと熱くなり、羞ずかしい木の芽がムックリと起き出して包皮からハミ出し、ヒクつきながらグングン大きく膨らんで来るのをどうしようもなかった。そしてひとしきり鑑賞を終えたアイツが口唇をアソコに当てがい、ペロペロと舐めて来るともちろん素晴らしい心地良さで、私の体は又もや天国に向けて飛翔していった。

 

指先で弄って欲しそうにクリンと飛び出た乳首をツンと

どの道5回射精しても大丈夫なアイツのペニスに抗う術はない。ただ私は純粋にアイツのおちんちんを、小学校の時のように弄んでやりたいと思ったのだ。手が使えない今、それが出来るのは口しかない。アイツは少し驚いた様子だったが、間もなくペニスを握った手を私の股間を通過させて口に近付けて来た。わかりました、佳純様。オクチに出してもいいのよ。

最も敏感なクリトリスが完全

それは修司の性的な奴隷になると契約した時から定められたアイツはテクニックなど持ち合わせているはずがなく、ただ自分の激情にまかせて舌を這わせ唇で吸って来るだけだった。が、それで十分だった。時折チョコチョコとクリトリスに当たるのが飛びEがる程強烈な快感で、私はもう意味をなさなぃよがり声を盛大に張り上げながらさらに3回アクメに昇り詰めていた。佳純様。それではえっちさせて頂きます…。股間から顔を上げたアイツがとうとうそう言うと、大きな勃起ペニスを手に持った。ま待って!いえ、もう待てません。オクチで、させてちょうだい…。それは、ペニスの挿入を遅らせたいとか、精を抜き取って使えなくさせようとかいう邪心からの言葉ではなかった。