オナニーさせてぇ

いまは夢中でクンニリングスに没頭しているように見える

もちろん代議士は背中と尻が見えるだけで、世の中に。なる輩はいくらでも居るわけだから問題無いと考えたのだろう。やから細い縁のメガネをかけた和香が、全裸で大きく脚を拡げて代議士の腰の動きに合わせて淫らに腰を振りつつ男を受け止めているシーンだ。画面!杯まで拡大しても全く画質が劣化しない高画質モードで、知っている人間が見れば誰でもそれが和香だとわかるであろう。奴隷願望どころか、公衆便所願望があるんだってね。縛られて色々な男のザーメンおまんこに受けて、口にはおしっこもしてもらいたいんだって伺ってるけど。
奴隷としての沢渡美冴緒が誕生したのだ

ミュウが美鈴のアソコをなめて

いやぁ、停めてえ。見ないで、見せないでぇ。だったらまずはちゃんと口の中の検査してもらうのよ。大きく口開けなさい。下着ズタズタにされたりしたくなければ。今回の。では、下着姿までと決めてあるから本当は脱がされる心配はないのだが、敢えて脅しをかける。渋々といった風情で口を開けたところへ、歯科女医の紗友里が強制開口器具を突っ込みネジを巻いて、開いた口を閉じられなくしてしまう。

 

強ばりを女膣に馴染ませる

今日の女医は、きちんと薄ピンク色の。を着こなして助手役を務め、その乳首とクリトリスに溶接された電撃ピアスによってこの女が自分と同じ囚われの身であるなどとは和香には想像も出来ないに違いない。そろそろひとりくらいとっとと裸にさせろよ。うちはそういう歯医者なんだから向井が不機嫌そうにリサに言う。リサにとっては少々辛いところだ。先日のショーで乳房を触らせてから、自分へのアプローチが凄かったことと、ある程度強引に物事を決めて進めていくこの男への自分自身の興味もあって、つい数週間前に一度。オマンコさせてしまったからだった。この男もかなりなサディストだと認識しているが、直接的に。させろ。と強引に迫られて、ゴム付きならばと許諾してしまったのはリサ自身で、元々そうなっても仕方がない状況でふたりきりになっていたため、相手にもそして自分自身に対してもだが、それを拒絶しきることが出来なかった。そしてその時、どちらがリサにとってよかったのかは今となってはよくわからないのだが、向井は縄ひとつ使わぬノーマルなセックスに終始した。
清廉な熟女に奉仕させるわけにはいかない
オナニーをしたい

尻から貫いていく

いっそ縛られて強引に入れられた方が、色々な言い訳にもなったし、一回で終われた可能性も高いが、向井からみると、既にリサは。共犯者。のような連帯感を持った女という扱いになっているだろう。リサにとっては少々不本意だが、弱い自分を悔むしかない。和香の口の中の検査は、向井が行った。当然のような態度で、ブラジャーの上から乳を揉み、その感触を確かめたりはしているが、その程度は致し方ないだろうとリサも黙認するしかな。右の奥に虫歯があるね。治療してしまおう。向井は女ではなくリサに言う。

女子高生とは思えない豊満な乳房を揉みたてた

次の瞬間、なのでブラジャーは切るぞ。と言うと同時に、手にしたメスで、左のストラップそして続いて右のストラップと続けて切り落としてしまった。なので。なのか等とリサにそれを止める隙も与えぬ電光石火のじょういかたつ早業で、それがこの男の強引なところだった。例え組織で決めて上意下達されたルールにさえ、とも出来ない。時にまったく聞く耳を持たないのだからどうするこそもそも、いくら本人が受け入れる気配を見せていたかもしれぬとはいえ、リサとて会長の女、会長の奴隷という立場であるし、もちろん向井だってそれも知っている。しかも立場上は、いくら三顧の礼を持って迎えられたとはいえ。
清廉な熟女に奉仕させるわけにはいかない

今まさにペニスを受け入れようとしていた


一部署。のトップに過ぎない向井に対して、組織の上層部で自分以上に権限も持っている女である自分に手をつける度胸も持ち合わせているわけだ。女という生き物がある部分の男の強引さというものに非常に弱いということ、そしてその。ある部分。がどういうことかというのをよく理解していて、その絶妙なタイミングでそれを行使してくる。そういった彼の資質は、大学やその付属病院という競争社会を勝ち抜く間に培ってきたものなのかもしれない、リサはそんな風にも考えていたが、いままたあっさりとそれを実行してのけた向井だった。っちか五十数名の女の中で、この女が一番と全員が一致した女である。