藤木さんが笑います昨日のマイア様の調教のおかげでしょうか

子宮をかき回されるような快感に

美冴緒はヒップをたくましい肉棒でヒップを打つ
乳房を下から持ち上げるように弾ませ、ポロリさせる事を狙っているとしか思えない動きを繰り返す。ひゃぁっ!ひゃぁっ!ひゃあぁああっ!真澄の悲鳴に、ギャラリーから失笑が漏れた。そろそろ出たかな男子生徒たちが何かささやき合っていた。光の加減で、白いブラウスに乳首の陰影が浮かんでいることに気付いた。のである。左右それぞれに。どれどれ。ブラウスの胸元から中を覗かれた。

牧瀬もいやらしい尻の動きとペニスがしびれるような快感がたまらない

ポロリしてる?-。ポロリと言うか、丸出し。わぁ、乳首ピンク色だよ。嫌ツー。ブラウスの中に手を突っ込まれ、乳首を摘ままれた真澄が悲鳴を上げた。いたずらつ子の片割れもやってきて、を探り始める。やめなさいっ!ああっし。あはは、これだけオッパイあるのにハーフカップブラって無謀じゃん?ボタンの隙間から手を入れて乳首両乳首を転がされた真澄の脚が大きく広がった。内腿のお肉を波打たせながら、はっちゃきになってブラウスの中に入り込んだ手を振り払おうと抵抗する。

 

肉棒を彩子の入口に押し当てたのだろう

丸捲れのスカートがさらにたくし上がってお腹の白い素肌が見え隠れす。るが、真澄はそれどころではない。何という屈辱だろう。あんたたちっ、よくもやってくれたわねっ!そこへブルマ下ろしされた女生徒の声が響いた。乳首を摘ままれながら顔を上げると、真澄がひどい事になっている間に身なりを整えた女生徒が仁王立ちしていた。やばっ。一目散に逃げ出すいたずらつ子たちと、待てっ。どーどーどー!一体、何なの。追いかける女生徒こらーっ!

セックスのことを知らないわけではありませんが
取り残された真澄がふらふらと立ち上がった。スカートの裾を引っ張りながら、股間を膨らませて取り囲む男子生徒た。ちを気丈に睨むったく。ばつが悪そうに散っていく男子生徒たちの後ろ姿をなおも睨みながら、真澄はため息をついた。初日からこんなのってあり!?何と柄の悪い学校に来てしまったのかという思いを、頭を振って打ち消す。どこの学校にだって、問題児の一人や二人はいるものだ。

 

いきり勃ったペニスが脈動し

とは言えない。担任なのだから、担任の指示で動くに違いない。それなら、何とかなる気がする。きっと自分は試されているのだ。ここは積極的な姿勢を示すべき場面のはず。分かりました。頑張ります。真澄は背筋を伸ばして答えた。佐藤先生が長期休暇扱いでねえ助かりましたよ。佐藤先生。3年2組の担任ですよ。ちょうどいいタイミ。

オーガズムを求めて

とか言いつつも俺の肉棒をしごきあっという間にイキそうになったんで運悪く、そういう生徒に当たってしまっただけだろう。真澄は気を取り直して、職員室に向かった。急がないと、初日から遅刻だ。副担任…ですか?慣れるまでは雑用や先輩の手伝いだろうと高をくくっていた真澄だがいきなり3年2組の副担任を仰せつかってしまい、目を白黒させた。果たして自分に務まるのだろうか。辞退すべきではなかろうか。いやいや、もう学生じゃないのだ。出来ません。

お尻ももちろんです

乳首から母乳が噴出してしまいそうでした

さ、そのまま、オレのをつかんでいた、その手でオナニーをするが良い。なに、オレのは、咥えてくれていれば良いんだ、遠慮はいらんぞ。がはは。グッと突き出した山鹿の黒ずんだ男根は、たちまち、悲しげに目を伏せた亜由美の小さな口に包み込まれる。もちろん、ドロドロになった手袋のはま、亜由美の右手は、秘部をまさぐってしまう。ふぐっ、あぐつ。そんな浅ましい真似をしているのに、快感は一切、止まってくれない。
オーガズムに押し上げられながら

痴漢のことをうらやましがっているのではないことは

尻を突き出すように躰を丸めている真菜だ

痴漢に襲われてしまったそれどころか、既に濡れている秘部に、ドロドロの指先を自ら入れていた。たまらなかったのだ。これなら、単純に犯された方が、どれだけ精神的に楽なのだろう。口の中で、山鹿の黒ずんだ異臭のする男根を愛おしげに舌を絡ませ、唇で扱き上げながらそれでも、白涜する手を止めることができない。早くもオーガズムの気配が、恥ずかしげもなく訪れていた。ああ、だめ、こんなこと、こんなあさましいことをして。

膨れ上がった亀頭でのどをふさがれ

射精が可能なバケモノのようなアイツの
だけど、あ、ダメになるう、あうう、助けてぇ。でも、このままじゃ、あもはや、自由にされても夫に合わせる顔など無い。しかし、無意識のうちに、亜由美は、少女の頃からただ一人見つめてきた、無骨だが誰よりも優しさに満ちた夫の顔を浮かべてしまう。間もなく訪れるオーガズムは、夫の顔を浮かべていれば、余計辛くなる。辛くなるのはわかっていても、亜由美の心に浮かんだままだった。
薄い胸にポッチリと突き出たピンクの乳首を

勃起が私の喉元まで突き上げて来ていました

下着メーカートリンプが実施したグローバル調査ではBカップの比率は
夫の優しい顔は、式がクライマックスを迎えている。白い手袋で拭う涙は、画面では、両親への手紙を読む亜由美の涙がアップになっていた。ころころと玉のように転がり落ちている。強烈な快感の津波が、自らをえぐる指から発生して、ふれ、そのまま一気に、快楽が爆発した。あ、い、いっちゃう、ふぐ、ぐっ。子宮を占領する。子宮の中を津波がぁ自らの指で亜由美は強烈な快感のクライマックスを迎えた。

ペニスがどんどん固く大きくそそり勃っていつた

舌を突き出して尿道口から滲み出て亀頭粘膜を濡らしているカウパー腺液を舐め
同時に、喉の奥に、深々と射精されている。脂ぎったヒヒオヤジの男根から発射された精液を、コクリと飲み込みながら、亜由美は快楽に飲み込まれている。ドロッとした塊が、生臭さを鼻に突き抜けさせながら白い喉の中を落ちていく。おいしい…いやああ、だけどぉ…嫌悪すべき、男の精を。おいしい。と思ってしまう自分がいるのが、これ以上ないほど恨めその赤く染まった頬を、ころころと涙が転がり落ちていた。おまえの涙は、本当に美しい。もっと、もっと汚してやりたくなるほどな。
激しいオーガズムの前兆を物語っていた

新庄の舌先がクリトリスの尖りに当たるたびに

ホレ、ケツを出花嫁姿の亜由美は、テーブルに手をついて、尻だけを突き出さねばならない。はしたない格好だ。白いウエディングドレスが、男の手でバサリとめくられる。ドレスの白よりも、さらに華やかに白い尻が、布地に囲まれるようにして、まろび出た。スラリと伸びた長い足は、腰の位置が高い。たっぷりと脚を広げさせて、腰の位置を低くする。真後ろから覗き込めば、羞恥の部分は、全て男の思うがままだ。

時折り喉を亀頭息が苦しくなってきても芙蓉子は懸命にしゃぶりつづけた

クリトリスのオナニー以上の快感を無意識のうちに身体は予想している

お互いに下着姿でひとつ布団に入り
先生…先生のような若い女性にこんな事言える立場じゃないですけど僕も独身です。あんな大きな子がいて、厚かましいですけど、先生のことずっと気になっていました。浩介は路肩にハザードランプを付け車を止めた。僕と本気で付き合ってみませんか?浩介はそう言うと助手席の早苗の方に身を乗り出し、そっと上向かせ唇を重ねた。恥ずかしそうに俯く顔を指で舌がわずかに入ってきたが突然のことで、驚いた悠子だったが、優しいキスだった。
ギュッとバスタオル越しにペニスをつかんだ

股間に立ち上がった性器を握らせた

拒絶はしなかった。そんなことがあり、この家に通うことが一層楽しみになり、雄介の勉強をみることにも熱が入った。しかし、ある日予想もしない出来ごとが起こったのだ。先生、もし第一志望の大学に受かったら、御褒美ください。その日の家庭教師の時間が終わった時、雄介が口を開いた。え?何が欲しいのかな?先生です。えええ?どういう意味?付き合ってほしいんです。

 

クリトリスを弄られた女がイクのは仕方ないことなんだから

僕と…それほど歳が離れているわけじゃない。おかしくはないでしょう?で…卒業したら結婚したい。ちょ…ちょっと待って。雄介君いきなりそんなこと言われても。おやじと付き合っているんでしょう?内緒にしてても、解るよ。互いを見る目が変わったもん。するどいわね。
お尻を向けると

旦那以外のおチンチン
でも、解ってるなら、尚更。両方と付き合ってみればいいじゃん。どっちを選ぶかは先生次第ということで。両方なんて…無理だわ。まぁ、受かったらのことだから、今は頑張るさ。先生も気合い入れて教えてよ。軽く笑みを浮かべ、いたずらつこのように悠子をまっすぐ見つめる目がキラキラ輝きこの少年の美しさがひときわ眩しかった。その後、三人で度々食事をしたり、浩介が休みの日には雄介を残し、二人でデートを重ねた。

 

お尻を上げる

赤い綿ロープで軽く手首を縛り、アイマスクで目隠しをし、全身にキスをした。唇と指先で全身を愛撫する。見えない事と、手の不自由さが全身の官能を呼び覚まし敏感になる。ああはぅ…浩介さんああだめ。気持ちよかったら、素直になりなさい。何度でも逝くがいい。ああ…あ…もうあう。全身を震わせ、ロメロにした。身もだえし、密壺から愛液が溢れ出る。中年男の指技は若い悠子をメクリトリスを舌で転がされ、指で密壺を掻き回され、腰が上がり。

要するにママの奴隷みたいなものですね


付き合い始め11か月後には、初めて抱かれ女の悦びを感じたのだが、浩介の性癖が少しアブノーマルという事も知る事になる。少しだけ、僕は刺激的な事をしたいんだけど、かまわないかい?SMって知ってる。だろう?縛ったり、鞭で叩いたり、蝋燭垂らしたりするんだけど、僕は悠子さんに、辛い思いはさせない。最初は軽く縛る程度でほんのちょっぴり刺激を楽しむだけだよ。いいだろう?-悠子は嫌とは言えなかった。浩介が好きであったし、少しは興味があった。
第五話王様ゲームで同級生の乳首を見たゆうき28歳男性王様ゲームはHな体験がたくさ