オマンコにあなたの

ゾクゾクする快感をこらえながら沢崎は手早く着ているものを脱ぎ捨てたズボンも脱いで

男根が与えられると知っている乃里子は有香に容赦がない
うふっ、反応しちゃつて。沙貴さん、ペニスを持ってちょっと上げて頂戴。いや、その前に亀頭と尿道口をよく消毒しておきましょう志摩子は思いついたように、沙貴に前回もやった尿道口の消毒をやらせようとした。ナースは綿球をピンセットでつまんで、横から手を伸ばしてきた。志摩子が包皮を剥いて亀頭を露出させると、敏感そうな尿道口の縦の割れ目が暴かれた。冷たい消毒液に浸した綿球が亀頭に接触した。
人妻らしく

この子のペニス

たっぷりと消毒液を含んでいたため、亀頭が濡れて液が竿へと垂れていった。貢はその冷感に反応して、カクンと腰を揺らした。ペニスを動かないように持っている志摩子が奥二重の眼を細めて嗜虐の笑みを見せた。貢は大きく開脚した状態での拘束ゆえに身動きできない。無力な自分に悲哀を感じる。沙貴は綿球で貢の敏感部分を消毒し始めた。

 

股間を乗せて座るとかえって

鈴口の小さな縦割れに沿って素早く擦る。そんなやり方は消毒の措置を超えていた。さらに、亀頭全体をぐるぐると、地球の周りを人工衛星が回るように右回り左回り、何度も何度も擦り立ててくる。ああーだめぇ、そんなことするの、本当に消毒なんですかぁ?貢はとうとう耐えきれなくなって、悲鳴に近い抗いの声を上げた。お黙りなさい!消毒に決まってるでしょ志摩子が一喝する。貢は上体を起こし、眼を見張って自分の亀頭を見た。
貪欲なフェラチオに対抗するかのように

乳首までもが
いいように肉棒を扱うナースが憎い。志摩子の中指は肛門内に挿入された。ままだ。エロ責めを受け入れかけていたが、また羞恥と屈辱の気持ちが強くなった。綿球を新しいものに替えて、消毒を続けて頂戴。尿道から出てくる前立腺液に雑菌が混ざらないように、よーく消毒する必要があるわ。分かった?わがまま言わないのよ。貢は医療の口実でピシャリとやられた。

 

まさか男に抱かれて処女を失うつもりじゃねえよな

中指が奥深く挿入された。微妙に指先を動かしながら、直腸壁越しに前立腺を捕捉。指を曲げて、強い圧を加えられた。くはあぁーっ!そ、そこおあううそこ、だめぇぇ!貢の尿道深部から、さらに奥の体内の一点に、切なくなる辛い刺激と尋常でない快感が生じた。ほら、命中した。ここに貢クンの前立腺があるわ。こうやって、グーッと押すわよ。志摩子は指先で前立腺を強圧しながら、8の字を描いてえぐるようにマッサージし始めた。ひゃぁっ、だ、だめえ、ああっ、あンやああーっ!貢は身も世もあらじとばかり激しく喘いでしまう。

でに豊富に濡れていた股間を手で探った


志摩子たちの眼前に肉棒とアナルを露出させ、指による前立腺責めで、顔を赤く火照らせる。肉棒は早くも根っこから硬くなって起き上がり、先っぽが充血して膨らんできた。勃起してきたわね。肛門を締めるのはいいとして、ペニスを出してる十七歳の男の子は、嫌とかダメとか言わないで、大人しく精液を搾り取られちゃいなさい!志摩子はからかいとしか言いようのない言い方をして、指を左右に回しながら出し入れし始めた。はうう、ああーっ!アヌスに入れた。志摩子を見つめる貢の眼は涙色。まずアヌスの浅いところだけ愛撫されるマッサージで腰肉が痙攣し、うねるような悶えにつながった。
フェラベッドの上では

彼女は尻餅をついた

お尻気持ちいいの

尻穴の中まで念入りに拭いたってや
けど、いいよね?キョンタンのおまんこ汁付いちゃつた。ニンジンはやめとこうよ。洗って煮込めば大丈夫、同じだよ。ううむ。大丈夫とは思えないのだが、よほど気持ち良かったのか、ウットリと野菜達を見つめてそんな事を言う恭子さんにはもう脱帽するしかない。野菜って気持ちいいの?特にゴーヤはやばいわ。あのゴツゴツ、もうクセになりそうよ。ゴーヤなんかがクセになられてはマジでやばい。

亀頭の先端はのどにぶつかっていて

ボクはいつの間にか股間がすっかり回復して痛いほど勃起しているのを感じながら、間違いなく求められる今夜が勝負だな、と気を引き締めようと思った。ところで、ダイコンなんか入ったの?心配しないで。途中まで入れて見たけど、マズイと思って引き返したか入れたんかい!どう考えたって無理だろ、ダイコンは。タックンが羽黒さんと玄関で話してたでしょ。キョンタン、ハダカなのに今あの人が家の中に上がって来たら、って思ったら、すっごく興奮して来ちゃってえ。

 

舌でクリトリスをまさぐってこねまわす

お買い物の話してたから、今日買って来たお野菜を調べた。リして、そしたらだんだん変な気分になって来て。夜勤明けの恭子さんは、欲求不満のカタマリなのである。だが、その責任の一端はボクにあるのだから、こんなヘンタイな奥さんを責めたり出来やしない。そう、ボクさえしっかりしていれば。タックン、残ったビール飲まないの?あー、ごめんねえ。

愛撫され
もう気が抜けちゃってるよね?新しいの買って来たげよっか?タンが車で。いや、いいよ。遠慮しなくたっていいのに。おいしくないでしょ恭子さんは何て優しいんだろう。真っ昼間から仕事もせず酒を飲み、AVを見ながらせんずりに励んでいたボクだと言うのに。本当はもう気の抜けたビールなど捨ててしまいたかったんだけど、ボクはせめてもの罪滅ぼしのつもりでまだ半分くらい残ってた缶ビールに口を付けた。するとそんなボクの気持ちを見透かしたかのように恭子さんが言う。

 

下半身からわきあがる快楽とこれから与えられる苦痛への恐らくはマゾとしての暗い悦び

ハッキリ言われてしまったボクは挫けそうになったけど、せめてもの空元気で力強くそう答えた。結婚して2年、こんなエッチ大好きなスケベ奥さんをヨメに貰ったにも関わらず、ボク達の間にはまだ子供が出来ない。大学を卒業して1年目、ボクは目指していた教職に就くための採用試験に通らなかったので、学生時代からやっていた塾講師のアルバイトを続けながら夏にある採用試験にチャレンジして見事合格。その吉報を待っていた。恭子さんと無事ゴールイ。して入籍したのだった。恭子さんは三十までに結婚したかったようでなるべく早く式を挙げたがったのだけど、しっかりした仕事に就いていない男と結婚する事はお母さんが許してくれなかった。

下半身を手で隠していたが恥丘に密集した陰毛を確認することができた

芙蓉子は股間と乳房を男の恫喝に気にしなくていいんだよ。タックンは働き過ぎたんだから。恭子さんは皮肉で言ってるのではないのだけれど、はるかにハードなナースの仕事に励んでいる彼女にそんな慰めを掛けられると、毎日ブラブラしているボクは罪悪感で胸が潰れそうになる。ただの苦い水と化した気の抜けたビールの不味さこそこんなボクに相応しいのではなかろうか。今はのんびりする時期なんだよ。ちゃん作ろうね。だから…頑張ってキョンタンと赤!もちろん!