膣襞の感触が素晴らしい

バイブは容赦がありません

みろよ、菜津希ちゃん、すげ-感じてるぜ。うわぁ、エロいなあ。天性の淫乱なんだろうなあ本番になっていき彼らだって、散々、おじさんたちの声が聞こえてきます。いただくとするか。もてあそんだ。なにもわからなくなってしま肌腰を持たれて、激しく突かれはじめると、息づかいだけ、指使いだけの世界。いました。言葉なんて不要の世界。と肌の接触だけの世界その中で、私は乱れ続けたのでした。新しいメンバーたちが。ねえちゃん、すごかったね。
とくセックスに関するものばかりだったなのに

弥生がいままでどんなセックスを経験してきたか

くたくたになって、夜のメッセージを見ていると、またグループ。に人が増えていました。その言葉遣いはおじさんたちにも似ていましたが、彼らはスマホなど持っていません。まったく、あきれちゃうよね。恥ずかしすぎるよ。開人、銀香まではわかります。新しく参加している二人がわかりません。ねえちゃん、ずっと見られていたの、わからなかったみたいだな。やさしくてきれいなねえちゃん。地に堕ちたね。ドキドキしてきます。

 

乳首つねられながら

今日の成果をビデオで確認しました。これは開人でしょう。参加者、合計二十六人。が二人いました。発射回数七十二回。一人平均七回。最高五回ガクガクしてしまいます。全身が痛いし、二つの穴もかなり痛んでいま。菜津希ってホントにすごいよね。とくに後半の約四時間はイキっぱなしでしたね。朝の八時から十六時まで延べ八時間輪姦。覚えていないのです。
痴漢の指に感じてしまっている自分がいるのが腹立たしいのだ
バイブの旋律に身を任せてしまいそうになった私は

調教師に飛びかからんばかりの勢いで駆け寄って行ってしまいました

新しく加わった八人の男たちに翻弄されているうちに、記憶がバッサリ、消えてしまいました。ただただ、それはすごい経験だったとしか言えませんいくら毎日鍛えてきたとはいっても、腰や背中も限界に近く、首もガチガチになっています。あの八人はとんでもない人たちで、臭くて乱暴で嫌な人たち。おまけに怖い人たちでした。きっと犯罪なんてなんとも思っていないのです。そして私のすべてを食らい尽くそうとしたのです。

蜜壺がジワッとペニスをくわえ込むような感じで締めつけてくるのだ

あとからきた人たちは、犯しながら乳房を平手で思いきり叩いたり、頬を引っぱたいたり、お尻を腫れるぐらい叩くのです。なんでもするから、痛いから、叩かないで。とお願いしたら、乳房を思いきり握られて、ぎゅっとひねるのです。なに言ってるんだ、このオモチャ。がたがた言ってるなら、もっとやってほしいってことだろ。うぅう、だめぇぇぇ。突き刺さったまま、四つん這いで歩かされたり、足を別々の人が持って、逆さにされて、まるで自転車にでも乗るようにまたがった男にしから突っ込まれ。この方が妊娠しやすいって聞いたぜ。とか言われたり燃えすぎて、意識が何度も遠くなりました。
あわてて緒方は肉棒を引き抜こうとしたが

調教師などに貸し出す


四時頃になって、がはじまりました。いままでのは罰でもなんでもなかったのです。気絶していただろ。と男たちに責められました。罰だよ。鎖を引っ張れて、四つん這いで歩かされます。ベタベタの体。の粘膜。丘の上まで歩かされました。風が冷たいのです。もう、おまえ、人間じゃないよね。ひりひりその姿で公園を一周させられました。