処女のまま死んだらしい

射精する恥を何とか回避したい達也が仕切りと苦しげに呻いているが

人差し指と中指二本で乳首をくすぐり始めた
のである。恭子さんは三十路目前だったため、そんな中途半端な時期の結婚となったのだった。彼女の年齢が年齢だっただけに、学生時代に入院した病院で担当だった。ナースの恭子さんと知り合い仲良くなってから、ボク達は結婚を前提にした交際を続けていた。こんなどスケベで年上彼女の恭子さんである。白状すれば挙式の前にエッチをすませるどころか、かなり頻繁にボク達は子作り行為に励んでいた。
あわてて緒方は肉棒を引き抜こうとしたが

セックスフレソド

ずっとそうだけど、全てにおいて積極的で引っ張ってくれるのは5歳も上の恭子さんだった。会えば必ず求められ、得意の騎乗位でガンガン腰を振ってよがり狂う恭子さんに、ボクは少し体重が落ちたのではないかと思うくらい、タップリ精を搾り取られてしまうのが常だった。そして自分から誘ったくせに、事が終わると急にしおらしくなって顔を赤らめ、クチュクチュと口でザーメンの後始末をしてくれながら。結婚式の時、お腹が大きかったら、どうしよう?恥ずかしいよう。とのたまう可憐な年上の彼女に、ボクは改めて強い愛情を覚えたものだ。

 

武志のペニスの感触は

だが幸か不幸か彼女が受胎する事はなく、結婚してからもコウノトリからの吉報は届かない。もしやと思い病院で不妊の検査をしても、お互いの体に何ら問題は発見されなかった。そして結婚して半年後、念願の中学校に数学教師として赴任したボクは一気に多忙となり、仕事が不規則な恭子さんとエッチする回数は激減した。それでも週に2回くらいは人が羨むようなラブラブの夫婦生活をこなしていたのに、彼女が妊娠する気配はまるでなかったのである。キョンタンさ、明日も夜勤で遅番なの。だから今夜はたっぷりエッチしてえ、明日は一緒に映画でも観に行かない?毎日ヒマなボクに異論があろう筈もなく、OKすると、いまだ全裸の恭子さんは。
お尻ももちろんです

美尻
ヤッター、タックンとデートだぁ。と子供みたいにはしゃいで見せる。さっき野菜で楽しんでいた迫力満点の色白ボディーはうっすらと血管が浮いており、体液に覆われて妖しく光り輝く様はさながらエロスの化身の女神様みたいで、こんなヘタレなボクが彼女を独占しても良いのか疑問に思うほどだ。だけどボクは恭子さんに対する愛情が込み上げて来る。のと同時に、たっぷりエッチして子作りに挑む事に強いプレッシャーを感じてしまう。そんな不甲斐ない自分が情けないやら腹立たしいやらで、ふと股間を意識すれば。

 

亀頭部のやや下を指でそっとつまんだ

全身からおまんこのニオイを発散しているような、フェロモンムンムンの愛する美女が全裸ですり寄って来てるのもあるが、恭子さんの手と口にはボクだけに効く魔法が掛かっており、いつでも復活の呪文が使えるのだ。でも仮に今ドッキングに成功したとしても、ザーメンの量や濃度には不安が残るから、ここは彼女に諦めて貰う方が得策だろう。発情した恭子さんは硬度が戻りつつあるチンポを握り締めてルンルン状態なので、ボクは話題を変える事にした。ところで羽黒さんが言ってた町内会議の事だけど。早く出欠を連絡した。方がいいんじゃないかな私その日は仕事だよ。

実際には完全なパイパンではなく


子作りと考えただけで、シュンと萎えてしまった。ようだった。するとそれに気付いたかのごとく、恭子さんがズボ。の前を触って来る。ねえねえ、服着るの面倒だし、このままヤっちゃおうか?アレえ~ないよ。夜のために残しておこうよ。あらら、ポークビッツになっちゃったね。でもホラあ、又おっきくなって来た。恭子さんがズボンの中に手を入れて情けなく萎れたムスコを探り握り締めると、すぐにムクムクと回復して来た。
チンポで遊ぶ時

痴漢の指に感じてしまっている自分がいるのが腹立たしいのだ

まるい尻をつきあげさせて

新しい証言内容だ。取調べのなかで問われるまほ草をむしって死体を隠したと答えたことが、発見状況の形にカムフラージュしたと供述したことになっている。では誰が草と枯木で被害者の体を隠したのか。謎がひとつ増えた。土手から被害者の脚を見たとき、こんなとこできれいな人が倒れてたらええ事はないから起こしてあげようと杉の根方のところに下りていったと話したね。脚だけが見えてるだけできれいな人かどうか、どうして分かったのかな。脚から後光がさしてましたから、きれいな人に違いないと思うたんです。
オナニーします

妹の下着をオカズにしていたわけね

お尻に頂いていいわよ

勃起が治まらないのかそのとおりきれいな人でした。ところで、携帯電話のことは何度も訊かれてるね。観音さんを見たときになかったのかな。ハンドバッグにもなかったのかな。知りません。誰かが持って行ったのかも分かりませんが、ぼくは知りません。思い出してくれないかな。君は記憶力がいいし、頭は悪くないんだから思い出せると思う。ンドバッグを拾ったとき、ハンドバッグの口は開いてたか締まってたかどうなのかな。

男根を欲しているということに

見てよだれをたらしちゃってるえみりんのエッチずるっ
ちょっと開いてました。ハと信二は親指と人差指で一·五㎝ほどの空間をつくった。ハンドバッグの中のものは外に出ていたのかな。はい、出ていました。口紅や財布などがありました。携帯電話を誰かが持って行ったと、どうしてそんなふうに思うのかな。誰かが持っていったから見つからないのやと思います。
お尻ももちろんです

奴隷として校内で

ペニスを握り締めてしまう
持って行ってなかったらあるはずやし、携帯電話が出てくると、大切なことが分かるんやがな。信一1は黙ってうつむく。あるはずの携帯電話がないから皆、困ってるんや。それがあると、観音さんが誰と連絡を取って、なぜ人通りのないあの山道を歩いていたのか分かる。君にとって得になっても損にはならないことやから、どんなことでもええよって思い出してほしいのやがな。携帯電話の微弱な電波が犯行時間帯に消えてるから、状況的には君がなんらかの形で処分した。

尻に打ち付ける音が派手に聞こえてい

乳首がくすぐったかった
ことになる。君が嘘をついているとは思わないが、なにか知ってることがあるのやないかと信一1はうつむいたままでいた。訊問を終えた佐々井は、信二の身辺調査をしていた捜査員を呼んだ。この事件はどうもすっきりしない。犯行現場の遺留品、上杉宅から出てきた被害者の所持品それに供述内容からして上杉が犯行に関わってるのは明らかなんだが、あの上杉の単独犯行とするにはどうも不自然な点があって、すっきりしないんだ。人通りの絶えた山道で見ず知らずの男と出会えば警戒するはずやし、それに。こんにちは。と声をかけられただけで気を許して背中を向けたというのも不自然な気がする。
しなやかな指が股間を這うさまをうれしそうに眺めている

透明な液を滲ませ挿入しても萎えることなく

普通はスキを見せないように身構えるものやろう。それに突き落とされたときに失神し、そこを強姦され扼殺されたことになってるが、十がほどの斜面を転げただけで尿をもらすほど都合よく失神し、強姦されていても目を覚まさず首をぐらぐらさせていたという供述も気になる。上杉の性格からしてデタラメなことを言っているとは思えないだけに、犯行状況がも一つ見えないんだ。物的証拠はそろってますし、上杉の供述もしっかりしてますので間違いはないと思います。そろい過ぎてるのに肝心の犯行そのものがぼやけたままになっている。

時折り喉を亀頭息が苦しくなってきても芙蓉子は懸命にしゃぶりつづけた

クリトリスのオナニー以上の快感を無意識のうちに身体は予想している

お互いに下着姿でひとつ布団に入り
先生…先生のような若い女性にこんな事言える立場じゃないですけど僕も独身です。あんな大きな子がいて、厚かましいですけど、先生のことずっと気になっていました。浩介は路肩にハザードランプを付け車を止めた。僕と本気で付き合ってみませんか?浩介はそう言うと助手席の早苗の方に身を乗り出し、そっと上向かせ唇を重ねた。恥ずかしそうに俯く顔を指で舌がわずかに入ってきたが突然のことで、驚いた悠子だったが、優しいキスだった。
ギュッとバスタオル越しにペニスをつかんだ

股間に立ち上がった性器を握らせた

拒絶はしなかった。そんなことがあり、この家に通うことが一層楽しみになり、雄介の勉強をみることにも熱が入った。しかし、ある日予想もしない出来ごとが起こったのだ。先生、もし第一志望の大学に受かったら、御褒美ください。その日の家庭教師の時間が終わった時、雄介が口を開いた。え?何が欲しいのかな?先生です。えええ?どういう意味?付き合ってほしいんです。

 

クリトリスを弄られた女がイクのは仕方ないことなんだから

僕と…それほど歳が離れているわけじゃない。おかしくはないでしょう?で…卒業したら結婚したい。ちょ…ちょっと待って。雄介君いきなりそんなこと言われても。おやじと付き合っているんでしょう?内緒にしてても、解るよ。互いを見る目が変わったもん。するどいわね。
お尻を向けると

旦那以外のおチンチン
でも、解ってるなら、尚更。両方と付き合ってみればいいじゃん。どっちを選ぶかは先生次第ということで。両方なんて…無理だわ。まぁ、受かったらのことだから、今は頑張るさ。先生も気合い入れて教えてよ。軽く笑みを浮かべ、いたずらつこのように悠子をまっすぐ見つめる目がキラキラ輝きこの少年の美しさがひときわ眩しかった。その後、三人で度々食事をしたり、浩介が休みの日には雄介を残し、二人でデートを重ねた。

 

お尻を上げる

赤い綿ロープで軽く手首を縛り、アイマスクで目隠しをし、全身にキスをした。唇と指先で全身を愛撫する。見えない事と、手の不自由さが全身の官能を呼び覚まし敏感になる。ああはぅ…浩介さんああだめ。気持ちよかったら、素直になりなさい。何度でも逝くがいい。ああ…あ…もうあう。全身を震わせ、ロメロにした。身もだえし、密壺から愛液が溢れ出る。中年男の指技は若い悠子をメクリトリスを舌で転がされ、指で密壺を掻き回され、腰が上がり。

要するにママの奴隷みたいなものですね


付き合い始め11か月後には、初めて抱かれ女の悦びを感じたのだが、浩介の性癖が少しアブノーマルという事も知る事になる。少しだけ、僕は刺激的な事をしたいんだけど、かまわないかい?SMって知ってる。だろう?縛ったり、鞭で叩いたり、蝋燭垂らしたりするんだけど、僕は悠子さんに、辛い思いはさせない。最初は軽く縛る程度でほんのちょっぴり刺激を楽しむだけだよ。いいだろう?-悠子は嫌とは言えなかった。浩介が好きであったし、少しは興味があった。
第五話王様ゲームで同級生の乳首を見たゆうき28歳男性王様ゲームはHな体験がたくさ