処女のまま死んだらしい

射精する恥を何とか回避したい達也が仕切りと苦しげに呻いているが

人差し指と中指二本で乳首をくすぐり始めた
のである。恭子さんは三十路目前だったため、そんな中途半端な時期の結婚となったのだった。彼女の年齢が年齢だっただけに、学生時代に入院した病院で担当だった。ナースの恭子さんと知り合い仲良くなってから、ボク達は結婚を前提にした交際を続けていた。こんなどスケベで年上彼女の恭子さんである。白状すれば挙式の前にエッチをすませるどころか、かなり頻繁にボク達は子作り行為に励んでいた。
あわてて緒方は肉棒を引き抜こうとしたが

セックスフレソド

ずっとそうだけど、全てにおいて積極的で引っ張ってくれるのは5歳も上の恭子さんだった。会えば必ず求められ、得意の騎乗位でガンガン腰を振ってよがり狂う恭子さんに、ボクは少し体重が落ちたのではないかと思うくらい、タップリ精を搾り取られてしまうのが常だった。そして自分から誘ったくせに、事が終わると急にしおらしくなって顔を赤らめ、クチュクチュと口でザーメンの後始末をしてくれながら。結婚式の時、お腹が大きかったら、どうしよう?恥ずかしいよう。とのたまう可憐な年上の彼女に、ボクは改めて強い愛情を覚えたものだ。

 

武志のペニスの感触は

だが幸か不幸か彼女が受胎する事はなく、結婚してからもコウノトリからの吉報は届かない。もしやと思い病院で不妊の検査をしても、お互いの体に何ら問題は発見されなかった。そして結婚して半年後、念願の中学校に数学教師として赴任したボクは一気に多忙となり、仕事が不規則な恭子さんとエッチする回数は激減した。それでも週に2回くらいは人が羨むようなラブラブの夫婦生活をこなしていたのに、彼女が妊娠する気配はまるでなかったのである。キョンタンさ、明日も夜勤で遅番なの。だから今夜はたっぷりエッチしてえ、明日は一緒に映画でも観に行かない?毎日ヒマなボクに異論があろう筈もなく、OKすると、いまだ全裸の恭子さんは。
お尻ももちろんです

美尻
ヤッター、タックンとデートだぁ。と子供みたいにはしゃいで見せる。さっき野菜で楽しんでいた迫力満点の色白ボディーはうっすらと血管が浮いており、体液に覆われて妖しく光り輝く様はさながらエロスの化身の女神様みたいで、こんなヘタレなボクが彼女を独占しても良いのか疑問に思うほどだ。だけどボクは恭子さんに対する愛情が込み上げて来る。のと同時に、たっぷりエッチして子作りに挑む事に強いプレッシャーを感じてしまう。そんな不甲斐ない自分が情けないやら腹立たしいやらで、ふと股間を意識すれば。

 

亀頭部のやや下を指でそっとつまんだ

全身からおまんこのニオイを発散しているような、フェロモンムンムンの愛する美女が全裸ですり寄って来てるのもあるが、恭子さんの手と口にはボクだけに効く魔法が掛かっており、いつでも復活の呪文が使えるのだ。でも仮に今ドッキングに成功したとしても、ザーメンの量や濃度には不安が残るから、ここは彼女に諦めて貰う方が得策だろう。発情した恭子さんは硬度が戻りつつあるチンポを握り締めてルンルン状態なので、ボクは話題を変える事にした。ところで羽黒さんが言ってた町内会議の事だけど。早く出欠を連絡した。方がいいんじゃないかな私その日は仕事だよ。

実際には完全なパイパンではなく


子作りと考えただけで、シュンと萎えてしまった。ようだった。するとそれに気付いたかのごとく、恭子さんがズボ。の前を触って来る。ねえねえ、服着るの面倒だし、このままヤっちゃおうか?アレえ~ないよ。夜のために残しておこうよ。あらら、ポークビッツになっちゃったね。でもホラあ、又おっきくなって来た。恭子さんがズボンの中に手を入れて情けなく萎れたムスコを探り握り締めると、すぐにムクムクと回復して来た。
チンポで遊ぶ時

人妻らしく

尻たぼを開く

たぎる肉棒に
校長先生は全身汗と体液でドロドロになった私を後ろ手錠のまま浴室に運び、汚れを洗い流して下さいました。最も汚れた秘め所を荒い清められる時、朦朧としていた意識でも私の心の琴線が妖しく掻き乱されたのは言うまでもありません。それから服を着せてもらう前に、校長先生は私の人生を狂わせてしまうことになる悪魔のクリームを乳房に塗り込めながらおっしゃいました。吉野先生、私のセックスフレンドになって頂けませんかな?セックスフレ。ドだなんて、校長先生がおっしゃるには軽すぎる言葉だなと思いながら、口を利くのも億劫な私は黙ってお話を聞きました。

子宮を擦り上げてくる

これは浮気でも不倫でもありません。私はあなたの幸せなご家庭を踏みにじるようなつもりは毛頭ないのです。私にも家庭がある。長年連れ添った家内を裏切るつもりもないのです。校長先生は私の両乳房にクリームを塗り終えると、私の股間に手指を伸ばされました。そしてとじ合わせた両股の力を緩めるように言われると、私は塗り易いように脚を開いて先程存分に性の歓びを貪ってしまった花唇をおクスリを盛った手指に委ねてしまいました。ところが、幸か不幸か私のムスコは年甲斐もなく元気に溢れております。

 

アナルの快楽に押し流されていき精液を発射されると同時に

私との性交をもはやそれほど望んではおらぬのです。セックスフレンドになれ、そして家内は、だから、とおっしゃるのですか?何て11カカ勝手なところが校長先生の指がズブリと花唇を縫い、奥深くまでクリームを塗り付けるため蠢き始めると、私の体の方が校長先生の身勝手な理屈を理解しようとしていました。あなたもご主人ともう1年も夜の生活がないとおっしゃる。らしいお体を持ちながら、それは残酷と言うものでしょう。こんな素晴で、でも…。あなたはご主人を愛しておられるのでしょう?それは大変結構なことでですがす。

3本の指を揃えて挿入し
これからも愛情を育み幸せな家庭生活を過ごされると良いこの体は幸せとは言えますまい…。ああ…。校長先生がクリームをまぶした指をクイクイと体奥を抉るように動かしながらそうおっしゃると、吹きこぼれてしまいそうな歓びに私はその指を食い締めてしまわぬよう必死でした。私は今日レイプされたのに、その相手とのセックスに途方もない歓びを覚えてしまい、主人には見せたことのない狂態を晒してしまったのです。一体どうすれば、毎日一生懸命働いてくれている主人に顔向けが出来るでしょう。いっそ、校長先生のおっしゃる通りこの淫らな体を鎮めてもらうだけで良いのです。

 

工藤はバイブをゆっくりと出し入れしはじめる

言いたくはありませんが、あなたの職も安泰ではありませんぞ。それは何とも卑劣な脅迫でした。校長先生にぺこぺこと頭を下げている主人が、溺愛しているまりあの青蝶への進学を欣喜雀躍として喜び、彼女の初々しい制服姿に目を細めていた今日の入学式が、まるで遠い昔の出来事であるかのように頭に浮かびます。ほとんど休日もなく働いている主人の、最大の生き甲斐であろうと思われるまりあが、青蝶の特待生を外されてしまったら?さらに私の職まで奪われてしまったならば?そんなことは恐ろしくて想像もしたくありません。その日はもう悶々と眠れぬ一夜を過ごしましたが、結論を出しあぐねている私の心より先に、体の方は一足先に結論を出していたのです。次の日の朝、生まれて初めて味わう2日酔いのような症状に苦しんでいた。

お尻突き出すように出来るだけ前につくのほて紺野に自ら迫って

チンポで遊ぶ時長々と指でアソコの中を弄られている内に、校長先生のセックスフレ。ドになる、と言うあり得ない選択がどんどん現実味を帯びて来てしまうのを感じ、ついにはその指に粘膜を絡み付かせてイッテしまいそうになる有様でした。その夜遅く、校長先生は私を自宅まで送り届け主人に堂々と挨拶を交わす。剛胆ぶりを見せました。主人がかわいそうなほどに恐縮して校長先生に頭を下げるのを見ていると、私は何とも言えなぃ複雑な気分になり、タクシーの中で聞かされた言葉に戦慄を覚えていました。明日から毎日お会い出来ます。ゆっくりお話をしてから結論をお伺いしましょう…それからまりあさんの特待生はいつでも取り消されることがあり得ることをお忘れなく。

ギュッとバスタオル越しにペニスをつかんだ

クリトリスを押し潰してしまったのです

その数は二十人以上に及ぶ。しかし、到底佳代子を本当の意味で満足させてくれ屈服させてくれるレベルの男は存在していなかった。そういった出来事と、日々就寝前に必ずするようになってしまったオナニーで、佳代子はいくつかのことに気が付いていた。まず紺野との二回の出来事の中で、自分がMとしてどうされるのが好きせんりつ特に、二回目の女性二人を交えた戦慄の経験が、佳代子に残したものは強烈で、男性のみならず女性にも屈服したいと願っている自分を否定できなくなっていた。さいなオナニーの際に佳代子を苛むのは、紺野ではなく志乃という女である。ことが多くなった。正確には、紺野という絶対的なサディストに遠隔操作された、無慈悲な。
ズボンの布地を突き破るほどに股間が硬直していて

人妻であっても5分もくすぐれば音を上げて

その間に男たちはあゆみの口にチンポを入れてきた

膣口にねじこみ女王様。である志乃という女。その冷酷な女サディストに対して屈服させられる自分に異常な興奮を覚えるようになってしまったのだった。むじひそしてその際、最後の最後に経験させられた女性器から直接男性の精液すす。その苦い味と強烈な匂いを思い出すだけで、を啜るという行為まいそうになる。イッてしそのおかげで、テレクラや伝言ダイヤルの自称サディストたちとの、SMとはとても言えないいわゆる性行為の中、ひとつだけ佳代子を満たしてくれることがあった。最初のひとりふたりはあまりの相手の不甲斐なさに失望感だけが残った。

肉孔は予想よりはるかに肛門に近かった

アソコはヒクヒクと疼いているのです
のだが、その後は、知り合った男たちとホテルに行って部屋に入ると、戸惑いを隠せずにいる男には自分からある意味積極的にアプローチしていくことにして、それがあるひとつの点においてのみは佳代子に満足を与えてくオた。ご奉仕させてください。ひざまず服を脱ぐ前に、突っ立っている男の前にベルトに手をかける。跪き、自分から男のズボンのきつりつ大抵の自称サディストたちは、せていた。その佳代子の雰囲気だけでそれを屹立さ五人、六人と数をこなしていくうちに、自分でも少し上達したと思う。男が興奮しているからということもあろうが、ものの十分から長くても二十分もあればどの男も佳代子の口の中を精液で満たしてくれた。
人妻らしく

お尻でしてくれなんて絶対言えないし…それに撮影ならきっと上手な方が相手だからキモ

ようやく射精した
佳代子の唯一の満足とは、男の精液を味わい、飲み干すことだった。その行為は、男のサディストとしての力量の如何を問わず、佳代子に屈辱と陶酔を味合わせてくれるのだった。いかんフェラチオの最中も目の前の男のことはほとんど眼中になくなり、おちんぽ様、男根様。という言葉を頭の中で反芻し、ほら、もっと深くしゃぶりなさい。もっと舌を使って。ご主人様を見なさい。しゃぶりながらご主人様にあんたのいやらしい顔見て貰うのよ。と言った女性による命令、佳代子が自分の頭の中で作り出す志乃という女の声が、佳代子に行為の悦びを与えてくれた。

射精まで遠のいたわけではない

尻が見えるだけで
はんすうつまり、出会う男への失望などから、の延長となっていったのだ。佳代子のしていることはオナニテレクラやら伝言ダイヤルに男の側がどのくらいのお金をかけているかということを話してくれた男も居て、それは佳代子の想像をはるかに超える額だったが、その分、どの男たちも捕えた女でモトをとろうということなのか、一度果てたくらいではもちろん満足しておらず、一回口でいかせたところで、佳代子にとってはマゾの行為の象徴となったフェラチオという名のオナニーを心ゆくまでさせてくれることは、好都合であった。とら紺野は一回しかさせてくれなかったし自分の口ではイッてくれなかった。などと思いながら、たて続けに三度も四度も果てる男にある意味感嘆もしていたが、何回目かの男の時から佳代子はあることを思いついた。佳代子の口の中で一回目の射精を果たした後の男達の行動はまさに千差万別だったが、それぞれ自分のやりたいことがあるようで、縛りたいとかバイブで責めたいとか浣腸をしてみたいとか様々だった。
笑)さすがに一般人のザーメンは口では受け止めないのかーっひかる

乳首の周りを

ある程度佳代子はそれに応じていたが、その全てはやはり佳代子のオナニーでしかないのだった。何をされている時でも、自分の感じるシチュエーションを頭の中の女、志乃が佳代子に命じてくるからだ。ほら、もっと淫らなポーズを自分から取るのよ。バイブでイクなんて恥ずかしい女ね、思いっきり大きな声でどこが気持ちいいのか言ってからイキなさい。ほらご主人様があんたの恥ずかしいお尻の穴見てるわよしっかり吹き出してご覧。などだ。多分紺野にだったら卒倒してしまった。

お尻を基点に体を起こしました

光太郎は最大限に勃起している

ここにあられもない姿の女がいると宣伝しているようなものだった。誰、この女。クリ丸見えじゃん。ああ、あのオッパイのでかい新任教師か。食いつかれそうなワレメしてるぜ。止める者などいるはずもなく、けてシヤッターを切る。シェービングセット、めいめいがラッキーとばかりに携帯を向借りてきたぜつ。そこへパシリの男子生徒が戻ってきた。乱れ切った真澄の姿に一瞬立ち止まり、前屈みになりながら美由紀に道具一式を差し出す。
芙蓉子は股間と乳房を男の恫喝に

下着穿いて診察するなんて…

愛撫すると

ただ射精するためだけの動きだしっかり押さえつけといて。ツルツルに剃り上げてやるわ。やっ、やめなさいっ!ひぃぃっ!何か叫びかけた真澄だったが、ならなかった。んひぃぃぃっし美由紀にクリトリスをつつかれて言葉にマン毛にたっぷりとシェービ。グクリームを塗りたくられながらも、往生際悪く乳房を踊らせて抵抗する。ジョリジョリ、ジョリジョリ。シェーバーが数往復した後には、恥毛が跡形もなく消えて女子中学生のようなくっきりと深いワレメが露出するのだった。

射精し萎える筈の

私は遥のお尻に両手を回し
ああつーああつし衆人環視の中で恥毛を剃られながら、真澄が必死の形相で足下の男麻里に向かって手を伸ばした。数時間前に見殺しにした相手に向かって。あひつーやめてっ!男子生徒が大きな乳房を乱暴に捏ね回した。思った通りのワレメ女だわパリの部分も綺麗に剃らなくちゃね。美由紀が陰裂を押し開き、上手に。ナマモノ。を片側に寄せて肌と粘膜の境目を広げ、シェーバーを動かし続ける。
騎乗位

クンニなど初めてだったので

ペニスはもちろん
意地悪くクリトリスフードを引っ張り上げ、してサービスする事も忘れない。天も見せてよ。野次馬に生クリトリスを晒リクエストに応えて美由紀が膣穴を剥いて穴の中まで見世物にした。ひぃぃっ!両手両足を押さえつけられて恥毛を剃られる真澄は、膣穴を晒されている事に気付いてすらおらず、往生際悪く悲鳴を上げて抵抗し続けた。美由紀が手慣れた動きで難しい陰裂し端の窪みも上手に広げ、毛根一つ残さず丁寧に剃り上げていく。しかし美由紀のマン毛剃りテクニックは真似できねぇな。

奴隷紗友里は絶対服従である

お尻を擦りつけてきたのです
やられた女は小学生か中学生みたくツルンツルンにされちまう。うちのクラスだと内藤と沢山厚子か。叶野真智もだろ。剃られながら失禁しやがってさ。つまり、美由紀たちの手にかかって恥毛をツルツルに剃り上げられた女生徒は、一人や二人じゃないという事だ。やめてぇっ!あひいぃっし。ほとんどツルツルになったな。もうちょい。この辺の剃り跡がいまいち美しくないわ。美由紀がマンコに顔を寄せて浅い角度から肌を眺め、つけて仕上げていく。
宮川と2日前に痴漢されたとき前つぶやいてからその名前と顔が頭に浮かび

最初は下半身にへばりついている武彦に指示をする留美先生は

やめてぇぇぇぇっし。真澄ちゃんったら、ほんとマンコ大っきぃんだから。あぁああっ!気になる部分を見校舎の2階の窓が開いて、小川先生が顔を出した。そして恥毛を剃り落とされ、遠目にもくっきりとワレメを晒している真澄の姿を黙って見下ろしていたが、やがて肩をすくめて引っ込んでしまっ関わる気も助ける気もないらしい。んっ、こんなところかな美由紀が身体を引いて真澄の股間を見つめ、出来映えを確認した。先ほどまで恥部を覆っていた黒い陰りは跡形もなく、見事にツルツルだ。

肉尻でペニスを圧迫している池上はまだ敏感な乳首と巨乳を責め続けていたが

セックスしているのです

久美の携帯電話が繋がらず、彼女が病院で勤務中である事を示していた。恭子さんもそれを知っているとすれば、向かった先は細川病院。守男はいないかも知れないが、状況次第で久美が呼び出すだろう。飛んで火に入る夏の虫。とは正にこの事か。そして俺はその慣用句を地で行き、過酷な愁嘆場に身を投じる覚悟を決めると家を出る。すると隣家の前では、まだ。達也が魂を抜かれたような表情でデクノボウのように突っ立っていた。
薄い胸にポッチリと突き出たピンクの乳首を

股間から全身に広がっていく

全く使えない男だが、コイツも連れて行くよりない。おい、山田はん!奥さん、いいえ、そんな事は。わかった、家を飛び出てったんやろ?言わんでもええから、はよ車に乗れ!事情は後から説明し大変な事になっとるんやでっし俺は気弱な亭主に有無を言わさず、オンボロの軽自動車に押し込み細川病院へと向かった。その間お互いに無言で実にいたたまれないが仕方ない。俺は何もしゃべろうとしない恭子さんの夫を見て、かつて俺が経営していた古書店に通い詰める貧乏学生だった彼の姿を頭の中で回想していた。

 

ペニスを取り出す

オドオドと周囲を気にしながら、ほとんどタダ同然の汚い中古のエロ雑誌を何冊か見繕っては、無言でレジに持って来たものである。ブルセラ系とSM系ばかりだったな。そんな事も思い出せるくらいの常連だったのに、口たるさかい。奥さん、スし1111口を利いた覚えは一切ない。もっとどぎつい女子中高生の使用すみ下着だのアダルトグッズやビデオだのを置いてあった奥のコーナーに興味津々のようだったが、そこへ足を踏み入れる勇気すらないような小心者で、今もその性格は全く変わっていないようだ。11何でこんな情けない男と恭子さんが…いや、こんな男やからこそ恭子さんは惹かれとるんかも知れんなあ。
オマンコにあなたの
エッチで嫌らしい女の子である事を

奴隷たり得る存在だったのだ

間違っても守男を選ぶような、計算高い女ではないんや、あの人は。主人も私も片親だったんです。それで親近感を感じちやって。仲良くなった恭子さんが、亭主と付き合い始めたきっかけをそんな風に話してくれた事を思い出す。俺も女手一つで育てられたんだと言うと、彼女は嬉しそうに少し微笑んでくれた。恐らく楽な暮らしではなかっただろう。貧乏生活の辛さがわかっている筈の恭子さんなのに、大資産家の守男に見初められて求婚され、何の苦労もないバラ色の生活が約束されようかと言うのにそれを拒み、あえて甲斐性なしの年下男に操を立て苦労する道を選んだのだ。

この素人奥様系だったのだ

そんな天使のような女性だったからこそ、俺は立場も年齢も忘れて夢中になり、渾身の性調教を施してしまったのだと思う。なのにそれが、彼女の遠ざけた守男に略奪されるためのものだとは、何たる不条理か結局俺が達也に口を利いたのは、細川病院に着いてからだった。駐車場はところどころ明かりが点いているが薄暗く、病院の建物もほとんど窓が暗いが、院長室と思われる所には明かりが点いて確かに人がいる気配が漂い、俺は緊張して口を開く。ええか、覚悟しぃや。アンタの奥さんが院長先生に言い寄られとったんは知っとるやろ?今きっと奥さんはヤツに捕まって、ア。タと別れるよう迫られとる筈や。そないな事許されるわけがあらへん。奥さんを取り戻しに行くんや。
時折り喉を亀頭息が苦しくなってきても芙蓉子は懸命にしゃぶりつづけた

股間を早くも疼かせてしまう私


え、それって、一体どういう事ですか。俺だって恭子さんの所在を確かめているわけではない。あの、明かりが点いているように見える院長室に守男や久美がいると言う保証もないし、完全な肩透かしかも知れないのだが、この時なぜかこの病院で恭子さんは守男に捕まってヤツの女になるよう迫られているに違いない、と俺の勘が強く働いていた。それが外れていても、早晩達也は守男と対決しなければいけない運命である。コイツがいかに気弱な腰抜けでも、簡単に愛する妻を手放すような事はあるまい。俺はいつの間にか達也に肩入れして、悪知恵の働く権力者守男に臆せず戦ってくれるよう願っていた。