激しいオーガズムの前兆を物語っていた

指の挿入によってワギナの括約筋が焼け爛れるような摩擦快感に襲われぅぅぅぅ……

フェラチオをしているというのも男たちにはなんともいえぬエロティックに満ちた光景な
ワーッと女達の囃す声が耳に入り、私は、身も世もあらぬ恥ずかしさに、文字通り身もだえしたのです。…二度、いや三度にわたって、それが繰り返されました。まるで海老の様に背をくねらせる私の顔は、貴美子の尻でしっかり抑え込まれてその度に、いました。たっぷり余香まで嗅がされ、りないものになっていました。漸く解放された時には、私の貴美子に対する態度は、卑屈極まそれも無理ありません。
フェラされている人間に

尻の割れ目を押し開き

小水をたっぷり飲まされた上に、ガスまで嗅がされ、完膚無きまで征服されたのです。貴美子の態度は、当然のことながら、相対的にますます横柄さを加え、驕慢なムードが横溢しています。激したのかい。フフフ。彼今度は、貴美子の座ったソファーの前の床に、女の素足がもてあそびます。つんのめる様に平伏させられた私の顔を、だろう。ソラ、やくざが集団で女を強姦する時に、全員が次々と順番に女を犯して行く…あのやり方さ。

 

乳首は痛いほど服の下で充血しているに違いない

お前も、ここで、私達に”まわし”をかけられるんだよ。何さ、ポカンクックックッ。それは、私にとって晴天の霹靂でした。ひとみと貴美子から与えられた辱めが、あと四回も繰り返されるとは貫美子の足が、ポンと私の頭を蹴ります。私は正座のま。膝をにじらせながら、不自由な身体を、外の女達の前に運びました。集団心理とでも言うのでしょうか。今迄、控え目に観客側に回っていた女達が、私への軽蔑を露わにして、私をいたぶりにかかるのです。
ペニスに擦りつけてくる

乳首を手のひらで転がすと
いざ私の顔に跨がってからも、恥ずかしい願いを何回も繰り返させたり、私のせいにして、尻責めにしたりします。仲々出ないのを舐め清め方が悪いと難癖をつけられ、やっと、末でした。出たあとも、果ては、顔に唾を掛けられる始何れも今日の昼までは、職場で顔を合わせて対等に軽口を交わしていた女子社員達に、て変った態度で見下げられ、君臨される口惜しさは、例え様がありません打つ深い深い汚辱の谷間に転落した我が身を、今更ながら情けなく意識するのでした。幸い、後の四人の汚水の量は、さしたることもなく、何とか胃の腑に収めることが出来まししかし、ひとみと貴美子を含めて、六人六様の味と臭みの違いには驚きました。ひとり生理中の女がいて、局部に付着した生臭い糊まで舐め清めさせられた時には、さすがに暫くの間、無念さに嗚咽が止まりませんでした。

 

好奇心を剥きだしにして男の下半身に見入っている歳は二十代後半だろうか

お茶飲み場が私達専用の様なものだから、してお前の口をトイレに使えるってわけだから、安心顔に笑みさえ浮べています。こまで一気に喋った貴美子は、ウワーッ、梅田君、お目出度う。さっきの飲みっぷりなら大丈夫とうとう私達の専用便器に転落するのね。ほらビールの一気飲みの要領よ。山田ひとみが、おどけた調子で節を付けると、一座に爆笑の渦が起りました。さあ、明日と明後日の休みはオリエンテーション期間よ。

アソコですが


そんな私を見て笑い転げる女達に、私は底知れない女の残酷さをかい間見たのです。でも、全員への”まわし”が終ってからの貴美子の宣言、と言うより私への判決は、私を、気の狂う様な絶望の淵に追いやったのです。い~こと。るお茶飲み場の横に、鍵の掛かる物置があるのを知ってるでしょう。具を入れてある11畳程の部屋よそう、普段は掃除道私達グループのトイレにするわ。勿論、お前あそこを、その奥の物置に来る人は絶対無いの。
芙蓉子は股間と乳房を男の恫喝に

薄い胸にポッチリと突き出たピンクの乳首を

オナニーの習慣はあったからクリットを刺激する方

処女お試しが終わったら
あくつん気持ちいいくっつー!千恵利が張り上げる快楽の絶叫を塞ぐかのように、た佐々木は俺に囁いた。再びカメラに接近し。な、俺が言った通りだろ。画面の中で完全にトチ狂ったように性器を弄り回し淫語をわめき散らしている千恵利に合わせるように、俺もスパートを掛けていたので、が何を言いたいのかすぐにはわからなかった。あつつ千恵利、イっちゃうよぉっっ見て見て、タカく。おっと待った。チェリーの大好きな、お尻の穴にも指を入れるんだよ。オ、オシリっ!凄い!凄いの、タカくうっんっっ。

毎日のように私たちのレズマゾ奴隷としていじめられました

ドバッと潮を吹かなきゃお仕置きは終わらないよ。AVでよく見る。潮吹き。はたいてい男優が協力して吹かせているもので、そうでなければただの小便だ。女が自力で潮を吹くなんてよほどの事で、アナルを弄れと言う佐々木のアドバイスが的確だったのだろう。千恵利は尻穴まで性感に恵まれた、感受性の強い女性だったのだ。連れ添って20年近くになろうかと言うのに知らなかった妻の肉体の秘密をこんな形で知らされるなんて屈辱以外の何物でもなかったが、そんな苦渋の思いす。

 

下半身が守のほうに向いてしまう

ら俺を倒錯した興奮に駆り立てる。そしてアナルに指を入れた快感に、半狂乱で取り乱した千恵利が本当にクジラのように自ら快楽の潮を吹き上げた時、俺の股間も記憶にない程の大爆発を起こして書斎の床を汚してしまっていたのである。夫を裏切る肉体。タカくーん、入ってもいい?と、その時まるで計ったようなタイミングで書斎のドアをノックされた。俺は慌ててペニスをジャージの中にしまい込み、から自分で内側からドアを開けた。ノートパソコンを閉じて。まだお仕事やってるの?お夜食作って来たよ。お、ありがと。むすび2個と漬け物とお茶を盆に載せた千恵利が入って来た。

セックス漬けにして性の快楽を体に刻み込む
俺と同じようなゆったりしたホームウェアは色気もくそもなく、画面の中の淫女と同一人物とはとても思えない。あれ、パソコン閉じちゃってる。もう仕事終わったから。床に飛散した精液は処理出来ていないし、千恵利はどうやら俺が仕事のフリしてこっそりAVを見ながらせんずっていたのだと勘付いているようだ。◆なんかじゃないのを除けば正解だし、実の所こういう事も時々あるのだ。千恵利がわざとらしく言う。ねえ、今度からタカ君の部屋に用事がある時は、げよっか。

 

鮎子はフェラチオを行いながら片手を睾丸に伸ばして

アナルに優れた性感帯が存在すると言う知識はあったのに、これまで一度として千恵利のその部分を愛してやった。事がなかったからだ。さっきの動画で見る限り、千恵利は夫である俺でなく憎むべき佐々木の手でアナルの歓びに目覚めてしまったのだ。俺とのセックスではあんなに乱れてしまう妻を見た事はない。そう言えば確かに千恵利がおととい俺を求めて来た時、尻穴の快楽をアピールしてたではないか。今からでも遅くない。今度彼女を抱いてやる時には、愛してやるべきなのではないか。

アナルの淫刺激から逃げられぬよう細してから再開した交わりは

すぐその上のアナルに揉んだかわいい娘の方がいいんじゃない?奈々ちゃんに来させた。いや、やっぱり千恵利の方がいいよ。お年頃の奈々は、父親が書斎の中にこもっていかがわしいビデオを鑑賞するのが趣味である事に気付いているだろうか。思春期の息子を持った母親のような寛大さをまだ性に目覚めて日の浅そうな少女に求めるのは無理に決まっている。奈々ちゃんに来られちゃ困っちゃうよねー。あ、後でちゃんと床拭いといてね。バカな夫に呆れて苦笑しながら出て行く千恵利を見送る時、どうしても彼女のお尻が気になってしまう。