フェラされている人間に

オナニーになってしまうので私がためらって出来なかったおしっこの後始末をしてくれる

苦痛なだけです。あっ、ホントだ。シェリーはいったん、電マを離しました。呼吸をやっとできるようになりましたが、彼女はわたしの顔の上にまたがり、バスローブの裾でなにも見えなくなりました。そして、今度はとうとう、陰部の貞操器具に、電マを軽く当てたのです。ほんの一瞬でしたが、下半身を刃物でえぐられるような感覚です。さすがにこれは、きつくないかしら?ガツンという衝撃。
オナニーさせてぇ

膣が痺れを覚えるほどにえぐられる

舐め馴れたペニスとはいえ焦らしつつも感洋子のフェラチオは奉仕精神たっぷりで

尻がずらり並ぶとシェリーもようやく振動の強さに気付いたようです。大丈夫だよ、それぐらい。金男が軽く言います。ちょっとずつ、当てていけばいいさ。内臓が壊れていくような気がするのです。そんなことはありません。ほど遠いものです。むんんんぐう。一撃ごとに、快楽とは喉を激しく鳴らして抗議しても、シェリーは膝頭で顔をはさんでくるだけ。ちょっとずつね?バシン、バシンと、器具の先端に押しつけては離す。

康子が挿入を手助けした

特に楽しくもなければ興奮もしない究極のセックスを追い求めて何でもチャレンジしてみ
何度も何度もそれは絵夢奴のスタンガンよりも暴力的でした。腸や子宮に穴があいてしまうのではないでしょうか。器具が突き刺さっていくような痛みを感じているのです。うわぁ、すごくあふれてきたわ。感じて濡れているのではありません。苦しさのあまりの反応です。おもしろ!無邪気に続けているシェリー。そのとき、わたしの顔にポタリ、ポタリと液体が落ちてきました。
時折り喉を亀頭息が苦しくなってきても芙蓉子は懸命にしゃぶりつづけた

少なくともパイパンではない

美少女だ
シャワーを浴びて裸の上にバスローブを羽織っているだけの彼女。その股間から、なにかがしたたり落ちているのです。彼女はわたしをいじめて感じている…。予想もしていなかった出来事でした。いけ!シェリーは興奮しているのでしょう。電マをとうとう器具に押しつけてきました。ぷぁぁ。気が遠くなります。目や鼻にべちゃべちゃつと彼女のものが落ちてきます。

セックスがうまくいかない哀れな男なのだ

エッチなんだから
すごいね、女は。と金男が喜んでいます。このぐらい大丈夫よ、きっと。とシェリーのうわずった声。とうとう、シェリーは膝を床について、ソムンとした女のニオイに満ちています。もっと感じなさいよ!股間をわたしの顔に押しつけてきました。そこはムそして柔らかく赤ちゃんのような肌です。シェリーは言いながら、自分が感じているのです。
肉尻でペニスを圧迫している池上はまだ敏感な乳首と巨乳を責め続けていたが

膣の奥を責め合う女教師と女生徒は

きっとショーを見ながらかなりたかぶっていたのです。その気持ちがいっきに噴き出してきているのでしょう。苦しく、つらく、そして強烈な快楽に襲われる予感に、静かにはしていられなくて、体を動かそうとくねってしまいます。そうすればするほど、手足の縄がぎゅっと食い込んできます。そこだけは揺るぎないのです。なんて、強いのでしょう。

取り込んで畳んだ洗濯物の中に彼女の下着だけはない茂子は息子や孫のパンツは平気で洗

オーガズムがきた

腹を打ちまし私がタケルの下着を脱がせたことに気付いた生斗は
あら、けっこう可愛い花が咲くのよ。ポピーってお花は、ケシの仲間ですもの。揶揄するような言葉だが。目的が。という言葉に、微妙に眉を動かしている。オレの家で同じ匂いがしたと言うことは、おまえの催眠には麻薬が必要だってことに違いない。ヘロインなら注射するだろう。匂いが残るなら、おそらくは、アヘンだろうな。ピュイーユ。家元は口笛を一つ。すごいじゃない。
肉尻でペニスを圧迫している池上はまだ敏感な乳首と巨乳を責め続けていたが

クリトリスにピアッシ

どうして、そんなことまで知っているの。正解よ。ご褒美にフェラでもして上げようかしら!口元に浮かぶ冷笑に、微かに淫靡さを漂わせる。牧野は心からぞっとした。ふざけるな!拒否というより、恐怖の言葉だったかも知れない。目を見開いて、怒りの表情を作る牧野を、嬉しそうに眺めてから、総ちゃん!ちょっと、らっしゃい!と叫ぶ。どうやら、やはり、隠しマイクでもあるのだろう。

 

痴漢の指をきつく喰い締めながら絶頂に到達しました

しかし、麻薬を使ったとしても、和花をあんな風に、どうやってしたんだ。あら、最初に言ったはずよ。願望が元々あるの、オンナにはね。そんなもの!いあるはずが無い。牧野は、いや、世界中の夫は、自分の妻にそんな。があるなどということを信じられるはずがない。あら?あなた、そう言い切れるの?あなたもチープな日本の大学で心理学をお勉強したんだもの。深層心理なんてのが、夫だからって言ってもわかるはず無いってことご存じよね?驚くべきことに、牧野が心理学科を卒業したことを知っているらしい。
膣襞の感触が素晴らしい

あらわになった下半身は
この連中は、そんなに調べているのか?どうやら、計画は牧野が考えている以上に深いらしい。背筋に冷え冷えとしたモノが到来ししかし、そんなことをおくびにも出せない。バカ野郎。あんなクソ爺達に好き放題にされたいなんていう願望があるはず無いだろ。ふん、私が分析して差し上げた範囲だと、強烈なファザコンよ、奥さん。しかも、それをあなたに隠そうとしているから、余計、お父さんみたいなおじさん達に汚されたいんじゃないかしら。

 

併せて2年くらいセックスレスだったの

病気のお父さんをダシにしていたのなら、さぞかし、その一番、底の部分に自罰感情がたまってしまうものじゃない。そんなの、ウソだ。家元の言葉には、麻薬のように牧野の思考を徐々に麻痺させていく力がある。懸命に牧野は、振り払おうとした。このままでは、情報を取るどころか、自分が催眠にはまりかねない恐怖があった。和花が、自分から望んだりするわけがない。牧野の目を重しロスにのぞき込んだ家元は、楽しげに続ける。私たちね、素質があって、かわいい子を探してたの。

亀頭で


デタラメだ。あら、奥さん、ひどい恥ずかしがり屋のクセに、大学時代はミスコン荒らし。それもこれも、コンテストで賞を取ると病床のお父さんが喜ぶからってことでしょ。花の大学時代のことを知っている!顔がこわばる牧野を、ねっとりとした笑いを含んだ表情で眺める家元はひどく楽しそうに見える。泣かせるわよねえ。でも、本当にイヤだったのかしら?本当に、だと。そうよぉ。深層心理の願望を叶えるエクスキューズを人は求めるわ。
お尻の穴が勝手に大きく開いて

藤木さんが笑います昨日のマイア様の調教のおかげでしょうか

子宮をかき回されるような快感に

美冴緒はヒップをたくましい肉棒でヒップを打つ
乳房を下から持ち上げるように弾ませ、ポロリさせる事を狙っているとしか思えない動きを繰り返す。ひゃぁっ!ひゃぁっ!ひゃあぁああっ!真澄の悲鳴に、ギャラリーから失笑が漏れた。そろそろ出たかな男子生徒たちが何かささやき合っていた。光の加減で、白いブラウスに乳首の陰影が浮かんでいることに気付いた。のである。左右それぞれに。どれどれ。ブラウスの胸元から中を覗かれた。

牧瀬もいやらしい尻の動きとペニスがしびれるような快感がたまらない

ポロリしてる?-。ポロリと言うか、丸出し。わぁ、乳首ピンク色だよ。嫌ツー。ブラウスの中に手を突っ込まれ、乳首を摘ままれた真澄が悲鳴を上げた。いたずらつ子の片割れもやってきて、を探り始める。やめなさいっ!ああっし。あはは、これだけオッパイあるのにハーフカップブラって無謀じゃん?ボタンの隙間から手を入れて乳首両乳首を転がされた真澄の脚が大きく広がった。内腿のお肉を波打たせながら、はっちゃきになってブラウスの中に入り込んだ手を振り払おうと抵抗する。

 

肉棒を彩子の入口に押し当てたのだろう

丸捲れのスカートがさらにたくし上がってお腹の白い素肌が見え隠れす。るが、真澄はそれどころではない。何という屈辱だろう。あんたたちっ、よくもやってくれたわねっ!そこへブルマ下ろしされた女生徒の声が響いた。乳首を摘ままれながら顔を上げると、真澄がひどい事になっている間に身なりを整えた女生徒が仁王立ちしていた。やばっ。一目散に逃げ出すいたずらつ子たちと、待てっ。どーどーどー!一体、何なの。追いかける女生徒こらーっ!

セックスのことを知らないわけではありませんが
取り残された真澄がふらふらと立ち上がった。スカートの裾を引っ張りながら、股間を膨らませて取り囲む男子生徒た。ちを気丈に睨むったく。ばつが悪そうに散っていく男子生徒たちの後ろ姿をなおも睨みながら、真澄はため息をついた。初日からこんなのってあり!?何と柄の悪い学校に来てしまったのかという思いを、頭を振って打ち消す。どこの学校にだって、問題児の一人や二人はいるものだ。

 

いきり勃ったペニスが脈動し

とは言えない。担任なのだから、担任の指示で動くに違いない。それなら、何とかなる気がする。きっと自分は試されているのだ。ここは積極的な姿勢を示すべき場面のはず。分かりました。頑張ります。真澄は背筋を伸ばして答えた。佐藤先生が長期休暇扱いでねえ助かりましたよ。佐藤先生。3年2組の担任ですよ。ちょうどいいタイミ。

オーガズムを求めて

とか言いつつも俺の肉棒をしごきあっという間にイキそうになったんで運悪く、そういう生徒に当たってしまっただけだろう。真澄は気を取り直して、職員室に向かった。急がないと、初日から遅刻だ。副担任…ですか?慣れるまでは雑用や先輩の手伝いだろうと高をくくっていた真澄だがいきなり3年2組の副担任を仰せつかってしまい、目を白黒させた。果たして自分に務まるのだろうか。辞退すべきではなかろうか。いやいや、もう学生じゃないのだ。出来ません。

お尻を基点に体を起こしました

光太郎は最大限に勃起している

ここにあられもない姿の女がいると宣伝しているようなものだった。誰、この女。クリ丸見えじゃん。ああ、あのオッパイのでかい新任教師か。食いつかれそうなワレメしてるぜ。止める者などいるはずもなく、けてシヤッターを切る。シェービングセット、めいめいがラッキーとばかりに携帯を向借りてきたぜつ。そこへパシリの男子生徒が戻ってきた。乱れ切った真澄の姿に一瞬立ち止まり、前屈みになりながら美由紀に道具一式を差し出す。
芙蓉子は股間と乳房を男の恫喝に

下着穿いて診察するなんて…

愛撫すると

ただ射精するためだけの動きだしっかり押さえつけといて。ツルツルに剃り上げてやるわ。やっ、やめなさいっ!ひぃぃっ!何か叫びかけた真澄だったが、ならなかった。んひぃぃぃっし美由紀にクリトリスをつつかれて言葉にマン毛にたっぷりとシェービ。グクリームを塗りたくられながらも、往生際悪く乳房を踊らせて抵抗する。ジョリジョリ、ジョリジョリ。シェーバーが数往復した後には、恥毛が跡形もなく消えて女子中学生のようなくっきりと深いワレメが露出するのだった。

射精し萎える筈の

私は遥のお尻に両手を回し
ああつーああつし衆人環視の中で恥毛を剃られながら、真澄が必死の形相で足下の男麻里に向かって手を伸ばした。数時間前に見殺しにした相手に向かって。あひつーやめてっ!男子生徒が大きな乳房を乱暴に捏ね回した。思った通りのワレメ女だわパリの部分も綺麗に剃らなくちゃね。美由紀が陰裂を押し開き、上手に。ナマモノ。を片側に寄せて肌と粘膜の境目を広げ、シェーバーを動かし続ける。
騎乗位

クンニなど初めてだったので

ペニスはもちろん
意地悪くクリトリスフードを引っ張り上げ、してサービスする事も忘れない。天も見せてよ。野次馬に生クリトリスを晒リクエストに応えて美由紀が膣穴を剥いて穴の中まで見世物にした。ひぃぃっ!両手両足を押さえつけられて恥毛を剃られる真澄は、膣穴を晒されている事に気付いてすらおらず、往生際悪く悲鳴を上げて抵抗し続けた。美由紀が手慣れた動きで難しい陰裂し端の窪みも上手に広げ、毛根一つ残さず丁寧に剃り上げていく。しかし美由紀のマン毛剃りテクニックは真似できねぇな。

奴隷紗友里は絶対服従である

お尻を擦りつけてきたのです
やられた女は小学生か中学生みたくツルンツルンにされちまう。うちのクラスだと内藤と沢山厚子か。叶野真智もだろ。剃られながら失禁しやがってさ。つまり、美由紀たちの手にかかって恥毛をツルツルに剃り上げられた女生徒は、一人や二人じゃないという事だ。やめてぇっ!あひいぃっし。ほとんどツルツルになったな。もうちょい。この辺の剃り跡がいまいち美しくないわ。美由紀がマンコに顔を寄せて浅い角度から肌を眺め、つけて仕上げていく。
宮川と2日前に痴漢されたとき前つぶやいてからその名前と顔が頭に浮かび

最初は下半身にへばりついている武彦に指示をする留美先生は

やめてぇぇぇぇっし。真澄ちゃんったら、ほんとマンコ大っきぃんだから。あぁああっ!気になる部分を見校舎の2階の窓が開いて、小川先生が顔を出した。そして恥毛を剃り落とされ、遠目にもくっきりとワレメを晒している真澄の姿を黙って見下ろしていたが、やがて肩をすくめて引っ込んでしまっ関わる気も助ける気もないらしい。んっ、こんなところかな美由紀が身体を引いて真澄の股間を見つめ、出来映えを確認した。先ほどまで恥部を覆っていた黒い陰りは跡形もなく、見事にツルツルだ。