貪欲なフェラチオに対抗するかのように

旦那さんのオチンチン気持ちいいっ

彼女の口腔に大量のザーメンが飛びだしてきた
そ自分だけではないと知って少し気が楽になった。中等部のバージンの子だって、身動きとれない中でクリトリスを弄られた。らイクのよ。どうしようもないんだから、気にしちゃ駄目。分かりました…。仕方ない。そう、仕方ないことなのだ。小川先生が言うように、うじうじ考えていたってそれこそ仕方がない。

尻に敷く

強姦くらい何よ。飢えた獣に穴を貸してやったと思えばいいわ。うちの学校じゃ珍しいことでもないしそうですね、気を強く持ちます。うんうん、その調子。明日、ちゃんと来るのよ。あ、それと…。真澄は目が覚めた時に局部が綺麗になっていたことを思い出した。風呂上がりみたいだったでしょ。あなたのワレメの中身、ひとつひとつ揉みしごいて洗ってあげたから。

 

股間に降ろし

受話器を持ったまま首筋まで赤くなる真澄。お汁が止まらなくて大変だったのよ。エロい子ねぇ、し、し、失礼しますっ。うふふ。いたたまれずに受話器を置くでも先ほどの弱気が消えて、負けん気が湧いてきたことが嬉しかった。散々に弄られたクリトリスがムズムズして落ち着かない状態が夜まで続。そう言えば、あの中等部の子に全部見られてしまったんだわ。

わしてくるのだ電動の擬似男根は容赦なく彼女の柔らかい膣襞に潜りこみ
格好良く身代わりになったはいいけど、目の前で痴漢された挙げ句にイカされて。自分は途中から意識が飛んで何も覚えていない。でも、あの子の前で人事不省のアヘ顔を晒してしまったことは明らかだ。だって、完璧にイカされてしまったのだ。恐らくはスカートを捲られて女性器を弄られているところが丸見えだっただろう。そこに思い至ると、また弱気がぶり返しそうだった。

 

アソコの中が男さんの硬いのでいっぱいになっちゃう……

誰にも発見される事なくあのまま襲われていたらどうなっていたか。あの先生のことを思い出すと、自分の身と置き換えて妄想せずにはいられれなかった。いつもそうだ。自分ですらよく見た事がない。女の芯。を観察され、イタズラされる。我慢できずにイクのはもちろん、失禁してしまうだろう。そうなった自らの姿を想像して何度オナニーした事か密かに包皮をめくって、自分のクリトリスが大粒だと気付いたのはあの後だ。

真菜のお掃除フェラで綺麗になった後は

乳首に眼を見張り私が高校時代のあの先生の立場になっちゃった訳か…あの時、女という生き物はアレを弄られると最終的にはイッてしまう事を知った。悲鳴はうるさいのにみるみる乳暈がぷっくりと膨らんで乳汁が滲む様子膣穴から白っぽいお汁が溢れて垂れる様子。そして太腿を震わせながら身体を仰け反らせ、あられもない声を上げて…絶頂に達する様子。あんなに悲鳴を上げていたのに、あんなに激しく抵抗していたのに、イカされる時は大股広げて腰を突き上げていた。もっと弄って下さいと言わんばかりに。自分がされるはずだったイタズラを身代わりに引き受けてイカされてしまった先生はあの後も普通に自分に接してくれたけど、内心は思うところがあったに違いない。

芙蓉子は股間と乳房を男の恫喝に

膣内を苦痛そのものが貫き苦痛そのものが体内に充満していた

俺の我慢汁いっぱいのチンポを踏んで下さい
と、それぞれ安田舞衣の右隣に野木財務大臣、その隣のキャスターの村上友紀の右に細谷内閣府特命大臣、テーブルを挟んで最年配の松木と香坂がそれぞれ22の両側に座った。コの字になっている中央部分に、木林とママが座る。女達の手でウイスキーがロック、水割り、ストレートとそれぞれ男たちの好みで用意され。それでは呉越同舟と皆様の健康、そして我が国の復興を祈って。木林が改めて乾杯の音頭を取った。改めて、紹介しよう。
男根を樹の鼻先に突きつけるのだ

痴女四人あるいは笑い

プロフィギュアスケーターの安田舞衣君。母のおなかのなかで、妹に行く分のおっぱいの成分をぜーんぶ貰って来ちゃった双子の姉の舞衣でーす。ママ身体にぴったり密着するフィギアスケートの衣装でも乳房の膨らみをほとんど感じさせない妹に対して、双子の姉妹とは思えぬその豊満に膨らんだ乳房を見せつけるように襟ぐりの深いドレスを着た舞衣がおどけて挨拶をする。女達もほどよくアルコールが入っているのだ。今度、国営放送のゴールデンタイムのスポーツ番組にも抜擢された村上いや結婚して今は浜岡友紀君か。村上です。先生方にお目にかかれて光栄です。

 

ぬめ光る尻たぶの間に

今後、お見知りおき願えればと存じます。森の紹介に関わらず、友紀は旧姓で挨拶をした。そして謎の美女、牧野リサ。牧野です。リサは短くそう言って頭を下げただけだったが。君は確か、エスタブリッシユメントグループ会長の…財務大臣の野木が、どこか会合ででもリサを見知っていたようであった。はい、三田村の秘書をしております。本日は安田舞希さんの壮行会に当社のホテルを利用していただいたこともありまして、木林先生のお世話係をと命じられております。野木大臣、どうだね、この物腰。儂はこの子にぞっこんでねぇ、儂の東京妻にならないかと毎日のように口説いておるんじゃ。
騎乗位

愛撫では感激のあまり校長先生のお顔におしっこを掛けてしまいました
いやいやなんなら田舎の古女房などいつでも暇を出してよいと。またまた先生、心にもないことを…リサが返すと、わっはっは、と木林が豪快に笑う。野木と細谷、そして香坂がつられたように笑ったが、松木外務大臣はなぜか苦虫を噛み潰したような顔をしている。いやはや、これだけの美女、それもお三方ともスタイルの方も抜群とお見受けする。ひとりでも凄いのに三人もお連れとは、さすがは森元総理我々とは風格も人望も違いをひしひし感じますな。

 

蒸れた股間から

座の話題は、今日の壮行会の主役だった安田舞希のことから、村上友紀の新婚の夫でプロテニスプレイヤーの浜岡修兵のことに移っている。あの熱血ぶりは、家の中でも一緒なのかい。国の重責を担う政治家たちであれ、いきつくようで、ぜつんぜん、テレビと一緒です。どうしても彼に対する興味はそこにリポーターやキャスターとしても大活躍で、仕事上ではライバルですらある夫のことを友紀は笑いながらそう評すると、先ほどまでしかめっ面をしていた松木を含めて、座が笑いに包まれた。111人の大臣が合流してから一時間近くが経とうとする頃、木林の秘書が入ってきて立ち上がった元総理に耳打ちをし。急いで車をつけさせろ。と、指示を受けると足早に立ち去った。いやはや折角のところ申し訳ない。少々地元の方でのっぴきならぬことが起こったようで、こんな時間からだが車を飛ばして向かわねばならなくなった。

クンニもろくにやらせてくれなかった


野木がヨイショをしてみせ、細谷が仕切りに頷いてみせる。松木は部下の香坂に対して、な態度で相槌を打っていた。なにやら耳打ちをしては、その答えに横柄ハニートラップ要員の性的技法の向上と育成を最初に思いつき、直接画策したのは外務省だとは聞いてはいるが、国民自由党側と組んでいるのだ。から、いくら外務省のトップに立っているとはいえ、この松木外相が何かを知っているとは思えない。夕木しかも残念ながらというか幸運にもというか、といってもリサにとってではなく松木本人にとってだが、彼は今夜のターゲットには入っていな外相という重責を担ってはいるが、あくまでも不祥事で失脚辞任した前外相のピンチヒッターという立場であり、国民自由党からは。と認識されているということなのだろう。
ザーメンを勢いよく上半身に発射されて

佳穂里の下半身がガクンガクンと跳ねる

子宮を満たしてくれる男のエキスを欲しがっていた

パディが!見られる!ついつい自分でパンティを覗きこんでしまった理紗は、絶望的な羞恥に心臓をえぐられた。パンティは、昨日と同じデザインだ。純白で、下腹部とむっちりした尻全体を隠す、実用性だけを考えたものだ。その白い布の股間部分が、じっとりと濡れて、肌色に透けている。濡らしている。触れられてもいないのに、濡らしているわ!凝視する理紗の目に、なった布が貼りついて、られた。恥丘のふっくらした盛り上がりが映る。半透明に白い丘の中心を縦に走る溝まで、くっきり見分け顔を上げると、喜四郎の満足げな笑顔がある。
とくセックスに関するものばかりだったなのに

正洋の母より少し年下になる熟女の顔は大輪の花-芙蓉とか風呂に入るためだろうか

お尻の穴も自由にしていいから

美少女が教室では絶対に見せない寝顔のまわりに理紗の股間を見つめる表情は、自分の作業が充分な効果を発揮したことを確認する技術者の顔にも見えた。昨日は指先だけで堪能させてもらったところを、今日はしっかりと見せてもらうぞ。喜四郎がトイレの床に、平気でひざまずいた。理紗は無駄だとわかっていても、背中を個室の仕切りにぶつけた。手錠の輪が硬い音をカチカチと鳴らす。うううんっ!パ。

ペニスに血流が促され

M字開脚で踏ん張った
ティの両サイドをつかまれ、あっさりと引きずり下ろされた。こわばってコンクリートの床を踏みしめる両足を、力まかせに持ち上げられパンティを抜き取られる。理紗は立ちつくした。上半身はきちんとライトグリーンのスーツを着て、両脚に白いストッキングと黒い靴を履きながら、肝心の女の部分を露出している格好で。顔もスタイルもいいだけに、アメリカのヌードグラビアを思わせる扇情的な格好だ。しかし理紗本人には変態極まりないスタイルとしか思えない。
下着だったかしらと考えた

二本の肉棒に犯され

オッパイ出してあげようよ
なにより、わななく裸の下腹部のすぐ前に、痴漢教師の顔があり、自分の股間を覗きこんでいることが信じられない。見られている。柳沢先生に、わたしのあそこを、じっと見られている。自分だけでなく大勢の女生徒たちの敵である男の視線で、女のなによりたいせつなところをまさぐられるのは、羞恥を通り越して熱い嫌悪を感じる。見られるだけでも、自分の女の部分が猛毒で腐敗させられる気がして、いてもたってもいられない。しかしまだ、すべてを見られたわけではなかった。

調教に象徴される羞恥心を煽る色責めが中心だったが

ペニスを呑み込んだ
屈辱に燃える恥丘に、声を吹きかけられる。こんなに濡らしているくせに、ぴったりと閉じているんだな。さすがは抜群の美貌を誇りながら、二十七歳まで守りぬいた処女の花園だ。理紗の秘唇の左右に、んんくつ!喜四郎の右手の指が当てられる。誰にも触れられたことのない部分に、憎悪する男の指を押しつけられて、理紗の身体が震える。せめて無様な姿を見せないようにと思っても、身体が自然とわなないてしまう。
関沢の指にピストン運動が加えられた

樹木につかまって尻を突き出させると

んくっ!肉唇が左右に広げられた。が現れる。同時に、喜四郎のスーツのポケットから手鏡巧みに角度を調節した手鏡に、理紗がはじめて目にするものが映った。生まれたときから自分の性器を見ている男とは違い、女が自分の性器を直接見ることはほとんどない。理紗は目をそらそうとしたが、どうしても自分自身の体内にある女の神秘に引きこまれてしまう。鏡に映っているものは、ピンク色にきらめく複雑で精緻な肉の花だった。女性器を花にたとえる言葉はよく耳にするが、真実だ、と理紗は思った。