騎乗位

人妻の熟れた女体に

体が自然にビクリとなる。うふっ。お姉さんカワイイっ。舌先が遠ざかり、口唇が離れると少女がつぶやく。そうして、指先がぬめりをかき分けて内部に侵入してきた。びっちょびちょ。ミカ、お姉さんもうすっごいの。あーーん、やめて。今度ははっきりと自分の声が聞こえた。遅いじゃありませんか。
下着だったかしらと考えた

射精でも尿道奥から脈打ってイキまくった

ミナミと呼ばれた女の抗議の声で迎えられた。下で、隣のほらあのふたり組に捕まっちゃつて。サトミが笑いを含んだ声で、答える。あら、あのおっぱい小さい方の子、キスすごく上手だったでしょ。てる子でキスうまい子って結構いるけれど、あの子はまた特別。風俗し白のワンポイントのシャツにジーンズ姿のミナミが、上から下まで佳代子を舐めるように見ながら言った。

 

セックスをたんまり教えてやったからな

きゃしゃはかなどうみてもSというミナミは小柄で、顔も小さくて、よりはMの雰囲気だ。華奢で儚げで、細い肩にピンク色のブラジャーの紐が透けて見えて、見てもそれがなまめかしく感じられる。どれ、足少し開いてご覧。同性の佳代子からみじんSに見えないとは言っても、言葉や態度にぎこちなさ等は微塵もなく当たり前のように命じて手を佳代子の股間にいきなり伸ばしてきた。三本指で掃くように性器を下から上になぞられただけで声が出てしまう。あらあら。大げさに驚いてみせるミナミに耳を塞ぎたくなったが、ミナミは言葉を続ける替わりに、性器に11本、まったくためらうこともなく肛門に1本指を挿し入れてきた。こんなあっさり飲み込んでおいて、何言ってるの。んっ、お尻は許して。性器の指はそのままに、肛門に入れた指を出し入れされる。
チンポのかたちがはっきり見えますね
クリトリスに洗濯ばさみのお仕置きよ

守の肉棒を挟みこむ

ほら、気持ちいいんじゃない。やっぱりこっちも。つい内腿を閉じて、用意、できたわよ。ぎゅっと指を締め付けてしまう。部屋に入るなり姿を消していたサトミが戻ってきた。見ると、サトミは黒のブラとパンティだけの姿になって、手に薄ピンクの洗面器を抱えていた。それが床に置かれると、ガラス製の浣腸器が、シリ。

エッチしちゃぅんだから体中

ダー部分が外側に大きく引き出され、液体がすでに充填された状態で、先端部分をなみなみとした半透明の液体の中に沈めているのが見えた。ひっ、お、お浣腸は嫌。あら、うちのホームページ見て来たのでしょう。うちは、SコースもMコースも基本プレイに浣腸が入っているのよ。女性のお客さんだと、なかなか慣れないとオプションでは浣腸プレイってオーダーしにくいからね。最初からメニューに入れておいて、お客さんがそれはナシでって言ったらはじめてナシになるの。
貪欲なフェラチオに対抗するかのように

再びひしゃげたクリトリスに舌を這わせていく


だからまずはされることに慣れて、いずれSとして行った場合にはお客さんに浣腸してあげて、出すところまで見て恥ずかしがらせてあげるまでが仕事だからね。もちろん自分がされた場合も、ほじゅうてんとんどのお客様が同性がうんちするところまで見たがるようよ。で、でもきょ今日は待ってください。お許し下さい。あら、でもそのちょっとだけぼってりしたお腹、便秘してるんじゃないの。せっかく腰が細くてまずまずのプロポーションなのに、勿体ないじゃない。すっきりさせてあげるから、ほら四つんばいになって。

関沢の指にピストン運動が加えられた

美少女の前にどっかと腰を下ろすと

ヴァギナに対する動作をくり返して私を愛撫しました
ルから服をぶちまけていきます。古い服はこちらに。と男優さんが段ボダウンジャケットがたくさんあるので、それに着替える人が多く、あのそういう住人の前で、私はまた水着になって、捨てられた汚いボロボロコートを脱いで、めちゃくちゃ感じています。真っ黒な服が脱ぎ捨てられて、山になっていきます。とダウンジャケットに喜んでいるように見えました。彼らは新しい綿パンの服の上でオナニーするシーンを撮影しなければなりません。

二人の股間の淫猥な状態-褐色の肉びらの間にずっほりとペニスが突き入っている-が

飛び込め。服の山に飛び込みました。すごいニオイ。気が遠くなっていきます。ああこの企画、怖すぎます。普通の女優さんではムリかもしれません。その中で、水着をずらし、オッパイを出して揉んでみたり、股間を剥き出しにして指を入れたり。さらに私は衝動的に、その古着を噛んでみたり、股間を擦りつけたりしました。監督も誰もなにも言いません。ふぁぁーん、イクうこれはセリフ。

 

エッチい気分になっとる筈や

だけどイケるものならイキたいぐらいでした。男優たちが遠くで、嫌な最後に、そのままおしっこをしてしまいます。監督が連れてきたのは、もうコートは着ません。顔をしていました。こんな女は抱きたくない、という表情です。ホンモノの女子校生で、ホンモノの変態だった。

肉棒がどくんどくんと引きつっているのがわかる
のです。つまり私です。寒いはずなのに、感じません監督の合図で住人のみなさんに囲まれます。男優たちのセリフが遠くから聞こえてきます。この女、おれたちをバカにしてるのかよ!いい気になりやがって、めちゃくちゃにしてやろうか。怨嗟の声。住人の人たちはまったくしゃべりませんが、ここで最後のセリフ。言い終わらないうちに最初の人がやってきました。

 

お尻の穴をギュッと締めていました

マスクをしたままです。して加わるのですが、イなのでしょう。いきます。下着は古いままで、真っ黒です。さらにきついニオイが漂いま。おい、オモチャなんだろ。挨拶がわりにしゃぶれよ。男優たちに腕をつかまれて、ふはああ。頭をおされ、自分から口を持っていきます。すごい、たまらない。なにかしら病気になりそう。

美枝の興奮が高まってきたところをみて加納は下半身に移動し

関沢の指にピストン運動が加えられたそう思っている。かもしれない表情です。どうなんだよ!みなさんのオモチャです。なんでもします。どうか、気がすむ。菜津希は、までボロ着の上に倒れました。いきなりパーンと平手で頬を叩かれて、あとは私はひたすら自分の感じるままに声を出せばいいのです。感じな男優たちはあらかじめ用意していた作業着に着替えて、リードする役と監督が演出するまでもなく、何本もの手が水着を破りはじめました。あっ、痛いっ、うわっ。今日はその心配は必要ないぐそれほど耐えられないニオ住人たちは貰ったばかりのズボンを脱いでとは言われていましたが、くても声を出せらい、熱くなっていました。

人妻らしく

尻たぼを開く

たぎる肉棒に
校長先生は全身汗と体液でドロドロになった私を後ろ手錠のまま浴室に運び、汚れを洗い流して下さいました。最も汚れた秘め所を荒い清められる時、朦朧としていた意識でも私の心の琴線が妖しく掻き乱されたのは言うまでもありません。それから服を着せてもらう前に、校長先生は私の人生を狂わせてしまうことになる悪魔のクリームを乳房に塗り込めながらおっしゃいました。吉野先生、私のセックスフレンドになって頂けませんかな?セックスフレ。ドだなんて、校長先生がおっしゃるには軽すぎる言葉だなと思いながら、口を利くのも億劫な私は黙ってお話を聞きました。

子宮を擦り上げてくる

これは浮気でも不倫でもありません。私はあなたの幸せなご家庭を踏みにじるようなつもりは毛頭ないのです。私にも家庭がある。長年連れ添った家内を裏切るつもりもないのです。校長先生は私の両乳房にクリームを塗り終えると、私の股間に手指を伸ばされました。そしてとじ合わせた両股の力を緩めるように言われると、私は塗り易いように脚を開いて先程存分に性の歓びを貪ってしまった花唇をおクスリを盛った手指に委ねてしまいました。ところが、幸か不幸か私のムスコは年甲斐もなく元気に溢れております。

 

アナルの快楽に押し流されていき精液を発射されると同時に

私との性交をもはやそれほど望んではおらぬのです。セックスフレンドになれ、そして家内は、だから、とおっしゃるのですか?何て11カカ勝手なところが校長先生の指がズブリと花唇を縫い、奥深くまでクリームを塗り付けるため蠢き始めると、私の体の方が校長先生の身勝手な理屈を理解しようとしていました。あなたもご主人ともう1年も夜の生活がないとおっしゃる。らしいお体を持ちながら、それは残酷と言うものでしょう。こんな素晴で、でも…。あなたはご主人を愛しておられるのでしょう?それは大変結構なことでですがす。

3本の指を揃えて挿入し
これからも愛情を育み幸せな家庭生活を過ごされると良いこの体は幸せとは言えますまい…。ああ…。校長先生がクリームをまぶした指をクイクイと体奥を抉るように動かしながらそうおっしゃると、吹きこぼれてしまいそうな歓びに私はその指を食い締めてしまわぬよう必死でした。私は今日レイプされたのに、その相手とのセックスに途方もない歓びを覚えてしまい、主人には見せたことのない狂態を晒してしまったのです。一体どうすれば、毎日一生懸命働いてくれている主人に顔向けが出来るでしょう。いっそ、校長先生のおっしゃる通りこの淫らな体を鎮めてもらうだけで良いのです。

 

工藤はバイブをゆっくりと出し入れしはじめる

言いたくはありませんが、あなたの職も安泰ではありませんぞ。それは何とも卑劣な脅迫でした。校長先生にぺこぺこと頭を下げている主人が、溺愛しているまりあの青蝶への進学を欣喜雀躍として喜び、彼女の初々しい制服姿に目を細めていた今日の入学式が、まるで遠い昔の出来事であるかのように頭に浮かびます。ほとんど休日もなく働いている主人の、最大の生き甲斐であろうと思われるまりあが、青蝶の特待生を外されてしまったら?さらに私の職まで奪われてしまったならば?そんなことは恐ろしくて想像もしたくありません。その日はもう悶々と眠れぬ一夜を過ごしましたが、結論を出しあぐねている私の心より先に、体の方は一足先に結論を出していたのです。次の日の朝、生まれて初めて味わう2日酔いのような症状に苦しんでいた。

お尻突き出すように出来るだけ前につくのほて紺野に自ら迫って

チンポで遊ぶ時長々と指でアソコの中を弄られている内に、校長先生のセックスフレ。ドになる、と言うあり得ない選択がどんどん現実味を帯びて来てしまうのを感じ、ついにはその指に粘膜を絡み付かせてイッテしまいそうになる有様でした。その夜遅く、校長先生は私を自宅まで送り届け主人に堂々と挨拶を交わす。剛胆ぶりを見せました。主人がかわいそうなほどに恐縮して校長先生に頭を下げるのを見ていると、私は何とも言えなぃ複雑な気分になり、タクシーの中で聞かされた言葉に戦慄を覚えていました。明日から毎日お会い出来ます。ゆっくりお話をしてから結論をお伺いしましょう…それからまりあさんの特待生はいつでも取り消されることがあり得ることをお忘れなく。