男根を樹の鼻先に突きつけるのだ

彼女の顔の前に大木の下半身があった

しかもアナルセックスだったら
開いた足の間から再び経血が滴り、白いシーツを汚したのは有香も気がついたが、したた。流石に姉の親友にそれを指摘されると恥ずかしかった。いいのよ、ここは病院なんだから。そう言って乃里子がさらに続ける。そうそう、大事なことをまだ言ってなかったわね。この病棟のトイレにはペーパーがありません。

男の肛門ピストンに合わせて

もちろん室内のトイレも、ナースが使う廊下のトイレもです。その意味はわかるわね。みゆきいくらなんでも、には無理ではないか。突然そんなことを言われてもノーマルな生活をしてきたであろう、目の端に入っているみゆきは、案の定理解したという表情にはならず、この状況に困惑の色がありありだ。看護婦はね、お気に入りの患者にトイレットペーパー代わりをさせるのよ。ようは、おしっこゃうんちの後始末をぜーんぶ舐めさせてするの。

 

調教してやった筈だが

もちろん生理の時もよ。その様子に乃里子が説明をしたが、えっという目をして、眉をしかめた。有香の方は乃里子のこの言葉に、悪い予感が走る。それは貴女も自分の担当の看護婦はじめ、これから必ずやらされるわ。あと患者同士は看護婦が指名して、されたら同じようにペーパーがわりをしなくてはならない。ただね、貴女が入る。この部屋は特別室で、あのようにトイレとシャワーブースが一体になっていて、用を足した後全身シャワーということも出来るようになっているわ。

お尻なんかで
レインシャワーは気持ちいいわよ。だね、この部屋以外はああいったセルの仕切りもないし勿論シャワーもついてません。ずっとこの部屋が貴女の病室とは限らないという意味ね。通常は女ばかりとはいえ、周りから丸見えのトイレで初めて用を足すことを強要される時の恥ずかしさは尋常ではない。少しはマゾの資質があれば、それも救われるだろうか。あって欲しいと願うことくらいしか出来なかった。

 

下半身がまさに溶けるような激しい毒薬に当然ながら万寺林も

大丈夫、これでも充分に愉しませてもらってますよ。沙織にはどこか遠慮がちな物言いをしている。四つん這い。奴隷…じゃなかった患者の四つん這いにはふたつあるんだけど、と言われた場合のポーズからね。ただ四つん這いその沙織に言われ、少しベッドの真ん中あたりにズレて、ふたたび回れ右をする。ここでただの四つん這いと言われた場合は、膝をつかずに手だけ前について、足を開くのだった。

そのセクシーなお尻を軽く叩きました

清廉な熟女に奉仕させるわけにはいかない有香には、せめてみゆきがそうでだがもし、仮にマゾの資質を持っていたとしても、今自分に走った予感だけはハズレていてほしい、と祈るような思いになる有香だ。さあ、次行きましょうか。会長をあまりお待たせしてもなんですし。沙織が、乃里子ことも自分たちにともなく言うが、その決定権を持っているとでも言うべきか、年齢が高いからというだけではない、いわゆるここの女達の軍隊並みの序列組織に置いても、実質のトップの座にあると言われている乃里子を超越しているような雰囲気を感じさせる。夫の五十嵐への最年少ナース杏奈の口奉仕は続いていた。五十嵐は既に最大限にそれを勃起させている。

貪欲なフェラチオに対抗するかのように

旦那さんのオチンチン気持ちいいっ

彼女の口腔に大量のザーメンが飛びだしてきた
そ自分だけではないと知って少し気が楽になった。中等部のバージンの子だって、身動きとれない中でクリトリスを弄られた。らイクのよ。どうしようもないんだから、気にしちゃ駄目。分かりました…。仕方ない。そう、仕方ないことなのだ。小川先生が言うように、うじうじ考えていたってそれこそ仕方がない。

尻に敷く

強姦くらい何よ。飢えた獣に穴を貸してやったと思えばいいわ。うちの学校じゃ珍しいことでもないしそうですね、気を強く持ちます。うんうん、その調子。明日、ちゃんと来るのよ。あ、それと…。真澄は目が覚めた時に局部が綺麗になっていたことを思い出した。風呂上がりみたいだったでしょ。あなたのワレメの中身、ひとつひとつ揉みしごいて洗ってあげたから。

 

股間に降ろし

受話器を持ったまま首筋まで赤くなる真澄。お汁が止まらなくて大変だったのよ。エロい子ねぇ、し、し、失礼しますっ。うふふ。いたたまれずに受話器を置くでも先ほどの弱気が消えて、負けん気が湧いてきたことが嬉しかった。散々に弄られたクリトリスがムズムズして落ち着かない状態が夜まで続。そう言えば、あの中等部の子に全部見られてしまったんだわ。

わしてくるのだ電動の擬似男根は容赦なく彼女の柔らかい膣襞に潜りこみ
格好良く身代わりになったはいいけど、目の前で痴漢された挙げ句にイカされて。自分は途中から意識が飛んで何も覚えていない。でも、あの子の前で人事不省のアヘ顔を晒してしまったことは明らかだ。だって、完璧にイカされてしまったのだ。恐らくはスカートを捲られて女性器を弄られているところが丸見えだっただろう。そこに思い至ると、また弱気がぶり返しそうだった。

 

アソコの中が男さんの硬いのでいっぱいになっちゃう……

誰にも発見される事なくあのまま襲われていたらどうなっていたか。あの先生のことを思い出すと、自分の身と置き換えて妄想せずにはいられれなかった。いつもそうだ。自分ですらよく見た事がない。女の芯。を観察され、イタズラされる。我慢できずにイクのはもちろん、失禁してしまうだろう。そうなった自らの姿を想像して何度オナニーした事か密かに包皮をめくって、自分のクリトリスが大粒だと気付いたのはあの後だ。

真菜のお掃除フェラで綺麗になった後は

乳首に眼を見張り私が高校時代のあの先生の立場になっちゃった訳か…あの時、女という生き物はアレを弄られると最終的にはイッてしまう事を知った。悲鳴はうるさいのにみるみる乳暈がぷっくりと膨らんで乳汁が滲む様子膣穴から白っぽいお汁が溢れて垂れる様子。そして太腿を震わせながら身体を仰け反らせ、あられもない声を上げて…絶頂に達する様子。あんなに悲鳴を上げていたのに、あんなに激しく抵抗していたのに、イカされる時は大股広げて腰を突き上げていた。もっと弄って下さいと言わんばかりに。自分がされるはずだったイタズラを身代わりに引き受けてイカされてしまった先生はあの後も普通に自分に接してくれたけど、内心は思うところがあったに違いない。