すぐその上のアナルに揉んだ

フェラチオしてても気位の高そうな顔をしてますね

として現れる女体美の極致なのかも知れない。その美しさは外形豊満な美乳が貢の肩に押しつけられた。貢はブラカップの少しレースになった部分のざらざら感と柔らかい乳肉の感触で舞い上がる。優子は巨乳を利用して自慢の蕩けそうな脂肪肉を貢に味わわせる。巨乳はやはり女を感じさせる近道と思っているのか、優子は頻繁に乳房で迫ってくる。
アソコが少しだけのぞけ

下着はビキニタイプで

股間のモノを取り出していきます

愛撫まで失うわけにはいかない貢も勿論巨乳は嫌いではない。ほら、好きなんでしょう。わたしのオッパイ舐めてもいいのよ。優子はぽちゃぽちゃした白い双乳を貢の顔にまで押しつけて左右に揺すった。とろんとした淫らな眼をして肉棒に手を伸ばし、指先でなぞり上すると包皮が剥けた貢の包茎棒に、痴女たちの白くしなやかな指が伸びてきた。沙貴と万里は優子の積極的な性格に触発されたようだ。貢のペニスは三人の指で代わる代わる撫で回されて、ピクソピク。

巨大な肉棒の先端を包み込んでいた小さな手のひらの中で

ローションを塗られたり
と軽い脈打ちをくり返した。興奮してきた貢は、目の前にどうぞと出されていた優子の巨乳の突端を横を向いてパクッと口に含んだ。あうあう。優子は自分の手で巨乳を支えて、貢がしゃぶりやすいようにした。貢は興奮して強く吸いながら、舌先で乳頭をコロコロと転がす。貢は舌で乳首が固く痼り立つのを感じた。沙貴がカテーテルにキシロカインゼリーを塗って志摩子に渡した。優子の眼は志摩子が持つカテーテルの動きを注視している。
私はあなたの奴隷ね

バイブを動かし続けるんです

膣奥から粘つきを増した愛蜜が多量に溢れ
うふふ、やるようになってきたわねぇ。でも君たち、遊んでばかりじゃダメよ。ピンセットで包皮を引っ張って頂戴。完全に包皮を反転させるのよ。志摩子は優子と万里の二人にピンセットを持たせた。はーい、先生。しっかり剥きます。ちょっと痛そうですね。貢クン、我慢してね。うふっ。優子と万里はピンセットを手にして、いかにも楽しそうだ。

射精してしまっていた

剃毛され擬似男根で貫かれたレズプレイが思いだされたあのときの屈辱と快感が
貢は勃起してはいるが、仮性包茎の包皮は多少元に戻っていた。エラの少し上まで隠れている。沙貴が下がって、二人が貢の両側に立った。綺麗なお姉さんに勃起したペニスを見られている。沙貴もカテーテル責めを見逃すまいと、側で眼を凝らして見ていた。美女たちの熱い視線を浴びた貢には、羞恥で気が挫けていくとともに、甘く切ない気持ちも萌えてきた。
お尻の穴が勝手に大きく開いて

チンポが抜けてるぞ

ペニス包皮が左右からピンセットで挟まれた。あいつたぁ!包皮に強い痛みが襲った。ピンセットの先で挟まれた皮膚が飛び出すように持ち上がっている。貢はそんなに強く挟む必要なんてないのにと言いたかった。だが、二人の女子医学生は、貢の痛がる顔を楽しげに見ている。すでに精密検査などというのは単なる口実に過ぎないことは明らかになっているのに、女子学生まで志摩子のその手管を受けて性嬲りしてくる。

痴漢の指に感じてしまっている自分がいるのが腹立たしいのだ

まるい尻をつきあげさせて

新しい証言内容だ。取調べのなかで問われるまほ草をむしって死体を隠したと答えたことが、発見状況の形にカムフラージュしたと供述したことになっている。では誰が草と枯木で被害者の体を隠したのか。謎がひとつ増えた。土手から被害者の脚を見たとき、こんなとこできれいな人が倒れてたらええ事はないから起こしてあげようと杉の根方のところに下りていったと話したね。脚だけが見えてるだけできれいな人かどうか、どうして分かったのかな。脚から後光がさしてましたから、きれいな人に違いないと思うたんです。
オナニーします

妹の下着をオカズにしていたわけね

お尻に頂いていいわよ

勃起が治まらないのかそのとおりきれいな人でした。ところで、携帯電話のことは何度も訊かれてるね。観音さんを見たときになかったのかな。ハンドバッグにもなかったのかな。知りません。誰かが持って行ったのかも分かりませんが、ぼくは知りません。思い出してくれないかな。君は記憶力がいいし、頭は悪くないんだから思い出せると思う。ンドバッグを拾ったとき、ハンドバッグの口は開いてたか締まってたかどうなのかな。

男根を欲しているということに

見てよだれをたらしちゃってるえみりんのエッチずるっ
ちょっと開いてました。ハと信二は親指と人差指で一·五㎝ほどの空間をつくった。ハンドバッグの中のものは外に出ていたのかな。はい、出ていました。口紅や財布などがありました。携帯電話を誰かが持って行ったと、どうしてそんなふうに思うのかな。誰かが持っていったから見つからないのやと思います。
お尻ももちろんです

奴隷として校内で

ペニスを握り締めてしまう
持って行ってなかったらあるはずやし、携帯電話が出てくると、大切なことが分かるんやがな。信一1は黙ってうつむく。あるはずの携帯電話がないから皆、困ってるんや。それがあると、観音さんが誰と連絡を取って、なぜ人通りのないあの山道を歩いていたのか分かる。君にとって得になっても損にはならないことやから、どんなことでもええよって思い出してほしいのやがな。携帯電話の微弱な電波が犯行時間帯に消えてるから、状況的には君がなんらかの形で処分した。

尻に打ち付ける音が派手に聞こえてい

乳首がくすぐったかった
ことになる。君が嘘をついているとは思わないが、なにか知ってることがあるのやないかと信一1はうつむいたままでいた。訊問を終えた佐々井は、信二の身辺調査をしていた捜査員を呼んだ。この事件はどうもすっきりしない。犯行現場の遺留品、上杉宅から出てきた被害者の所持品それに供述内容からして上杉が犯行に関わってるのは明らかなんだが、あの上杉の単独犯行とするにはどうも不自然な点があって、すっきりしないんだ。人通りの絶えた山道で見ず知らずの男と出会えば警戒するはずやし、それに。こんにちは。と声をかけられただけで気を許して背中を向けたというのも不自然な気がする。
しなやかな指が股間を這うさまをうれしそうに眺めている

透明な液を滲ませ挿入しても萎えることなく

普通はスキを見せないように身構えるものやろう。それに突き落とされたときに失神し、そこを強姦され扼殺されたことになってるが、十がほどの斜面を転げただけで尿をもらすほど都合よく失神し、強姦されていても目を覚まさず首をぐらぐらさせていたという供述も気になる。上杉の性格からしてデタラメなことを言っているとは思えないだけに、犯行状況がも一つ見えないんだ。物的証拠はそろってますし、上杉の供述もしっかりしてますので間違いはないと思います。そろい過ぎてるのに肝心の犯行そのものがぼやけたままになっている。

第五話王様ゲームで同級生の乳首を見たゆうき28歳男性王様ゲームはHな体験がたくさ

夫婦で十分にセックスをしておらず

さてと、ま、中座してすまなかった、腹も納まったことだし、続きと行こうか。見回すと、自分がいない間は、誰も箸を動かさなかったのが、はっきりわかる。うんうんと己の権力に満足する山鹿だった。囚われた牧野スタンガンか。牧野は、力に自信が持てない者の常として、その種の道具には興味がある。だから、我が身に使われたのが、スタンガンであろうという推測は簡単だった。
肉尻でペニスを圧迫している池上はまだ敏感な乳首と巨乳を責め続けていたが

射精の瞬間を今か今かと待ちわびている

チンチン動かさへんからな

お尻全体をその動く範囲目一杯に揺さぶってくそ、スタンガンで簡単に気を失うなんてことはない、ってどこかのサイトに書いてあった。それにしても、刑務所?じゃあ、ないよな。実際には、気を失っていたらしい。ピータイルの冷たい床に素っ裸で転がされていた。寒くはない。ほの暗く、狭い部屋の中窓は見あたらない。少々空気がよどみ、かすかな腐臭に似たものが染みついているような気がしたが、微かな空気の動きがあるので、窒息することはなさそうだ。やはり、真っ先にドアに目が行く。けっこう扉は頑丈そうだな。覗き窓は鉄格子つきって。

ペニスが三たび回復し始めるのを感じ

男が下着をずりおろすと
閉じ込められたんだよな、やっぱり。クルリと見回すと部屋の片隅には、ご丁寧に、洋式トイレまで置いてあった。ここは、いったい、どこだ?って言っても、まあ、決まっているよなあ。寝そべったまま、目だけで密かに辺りを窺っていた。微かに腐臭がする。どこかで嗅いだ気がしたが、思い出せなかった。どうやら、すぐに、どうこうするつもりじゃなさそうだ。
下着も着けずになんて格好をしているのかしら

膣壁をひっかいた

クリトリスを指の腹で起こしてくすぐり続ける
監視カメラは見あたらない。はっきりとはわからぬが、ゆっくりと半身を起こす。首の付け根に、3畳ほど、う、く、痛っ。まだ、しびれと言うより、火傷をしたような痛みが残っている。それにしてもいったい、なんでなんだ。オレは確かに本部長に電話したはずなのに。迎えに来たのは、偽警官だったのは間違いない。日本の警察がスタンガンなど使うはずもないのだ。

お尻の穴をもてあそんでいました

このままではいつまでたっても静香乳首を口に含んだまま
おまけに、何一つ悪いことをしていないオレが捕まるわけもないもんなあ。もちろん、パスワードを破って隠しサイトに侵入したのは犯罪だが、それよりも巨悪がある。手んはずだった。それを暴くために、自分がしたことは後悔してはいない。しかし、とりもなおさず、自分を捕らえているのは、あの連中に違いなかった。足も縛られてない。問題は、あのドアだが、まあ、鍵はかかってるよなぁさすが転がったまま伸ばした手が扉に届いたが、ビクともしない。
股間を隠し

痴漢に剥き豆を

さてさて、どうする?牧野は、自分が殺されるかもしれないと、漠然と思う。それは怖くはない。ただ、頭に浮かぶのは、妻を何とか助けたかったという一念と、姉に預けた息子のことだけだった。むざむざとは、死にたくないけど、ね。身体をゆっくりと起こす。鉄格子の向こうが明るくなった。ポツリとひとつ、つぶやいて、部屋の中央に胡座をかいた時、暗さになれた目を瞬かせた次の瞬間、部屋全体が明るくなる。まぶしさに、牧野は、おもわず腕で目を覆っていた。

藤木さんが笑います昨日のマイア様の調教のおかげでしょうか

子宮をかき回されるような快感に

美冴緒はヒップをたくましい肉棒でヒップを打つ
乳房を下から持ち上げるように弾ませ、ポロリさせる事を狙っているとしか思えない動きを繰り返す。ひゃぁっ!ひゃぁっ!ひゃあぁああっ!真澄の悲鳴に、ギャラリーから失笑が漏れた。そろそろ出たかな男子生徒たちが何かささやき合っていた。光の加減で、白いブラウスに乳首の陰影が浮かんでいることに気付いた。のである。左右それぞれに。どれどれ。ブラウスの胸元から中を覗かれた。

牧瀬もいやらしい尻の動きとペニスがしびれるような快感がたまらない

ポロリしてる?-。ポロリと言うか、丸出し。わぁ、乳首ピンク色だよ。嫌ツー。ブラウスの中に手を突っ込まれ、乳首を摘ままれた真澄が悲鳴を上げた。いたずらつ子の片割れもやってきて、を探り始める。やめなさいっ!ああっし。あはは、これだけオッパイあるのにハーフカップブラって無謀じゃん?ボタンの隙間から手を入れて乳首両乳首を転がされた真澄の脚が大きく広がった。内腿のお肉を波打たせながら、はっちゃきになってブラウスの中に入り込んだ手を振り払おうと抵抗する。

 

肉棒を彩子の入口に押し当てたのだろう

丸捲れのスカートがさらにたくし上がってお腹の白い素肌が見え隠れす。るが、真澄はそれどころではない。何という屈辱だろう。あんたたちっ、よくもやってくれたわねっ!そこへブルマ下ろしされた女生徒の声が響いた。乳首を摘ままれながら顔を上げると、真澄がひどい事になっている間に身なりを整えた女生徒が仁王立ちしていた。やばっ。一目散に逃げ出すいたずらつ子たちと、待てっ。どーどーどー!一体、何なの。追いかける女生徒こらーっ!

セックスのことを知らないわけではありませんが
取り残された真澄がふらふらと立ち上がった。スカートの裾を引っ張りながら、股間を膨らませて取り囲む男子生徒た。ちを気丈に睨むったく。ばつが悪そうに散っていく男子生徒たちの後ろ姿をなおも睨みながら、真澄はため息をついた。初日からこんなのってあり!?何と柄の悪い学校に来てしまったのかという思いを、頭を振って打ち消す。どこの学校にだって、問題児の一人や二人はいるものだ。

 

いきり勃ったペニスが脈動し

とは言えない。担任なのだから、担任の指示で動くに違いない。それなら、何とかなる気がする。きっと自分は試されているのだ。ここは積極的な姿勢を示すべき場面のはず。分かりました。頑張ります。真澄は背筋を伸ばして答えた。佐藤先生が長期休暇扱いでねえ助かりましたよ。佐藤先生。3年2組の担任ですよ。ちょうどいいタイミ。

オーガズムを求めて

とか言いつつも俺の肉棒をしごきあっという間にイキそうになったんで運悪く、そういう生徒に当たってしまっただけだろう。真澄は気を取り直して、職員室に向かった。急がないと、初日から遅刻だ。副担任…ですか?慣れるまでは雑用や先輩の手伝いだろうと高をくくっていた真澄だがいきなり3年2組の副担任を仰せつかってしまい、目を白黒させた。果たして自分に務まるのだろうか。辞退すべきではなかろうか。いやいや、もう学生じゃないのだ。出来ません。