お尻の穴見てるわよしっかり吹き出してご覧

尻穴に

明らかに素人が作ったものです
その日の夜、風呂から上がってすぐに寝室に入ると、既に待ち構えていた千恵利に押し倒され唇を奪われた。そしてすぐさま互いに服を脱ぎ捨て、さあ、と言う所で千恵利が意外な事を言った。ねえ、立ってくれない。どうして?千恵利にご奉仕させて。すると床に立った俺の前でひざまづいた千恵利は、まだ半勃ちで柔らかいペニスに燃えるような視線を送りつつ、何と両手を胸と正座の股間にやって自分を慰め始めた。もちろんこんな振る舞いを彼女が見せるのは初めてであり、妻の痴態に興奮すると言うより驚いてしまった俺に千恵利は言う。

美和子が手でペニスをしごくと同時に指で亀井のアナルをこねながら

千恵利、今日はとってもエッチな気分なの。ね、ねえ、してくれない?髪の毛引っ張って、無理矢理、とか。タカ君、乱暴にううむ。これはいわゆる。イラマチオ。と言うプレイではないか。何を隠そう俺はアダルトビデオの鑑賞が好きで、それもSM·陵辱的な内容が趣味である事は、千恵利も知っている。だが、そんなAVみたいなプレイを彼女に要求した事など一度もなかったのに。ますます猜疑心が芽生えて来た俺だが、乳首を転がしながら巨乳を揉みしだき、女性器にも卑猥な指使いで息を弾ませる千恵利を見ていると、しだいにムラムラと欲情が込み上げて来た。

 

尻に持ってきて

そして見る見る硬度を増し膨らんで来た肉棒を千恵利が口に含んで来ると、彼女の要求に応えて後頭部のポニーテールを掴んで揺さぶる。自慰行為に耽っている淫らな女に無理矢理口唇奉仕を強要している筈のプレイだが、まもなく俺の方が情けない声を出してしまった。ち、千恵利!もうやめてくれ、出ちやうよ。いつの間にそんな上手になったんだ?俺は千恵利にこんな気持ち良いフェラなんてやって貰った覚えはないぞ。イラマチオ。自体初めてだったが、いつになく深く咽奥に当たるまで勃起ペニスをくわえ込んだ千恵利が、驚く程巧みな口使いで俺を押し上げて来たのだ。舌を敏感な亀頭の縫い目や裏筋に這わせたかと思うとチューッと強く吸い上げ、ジュバジュバと卑猥な水音まで響かせながら高速ディープスロート。

奴隷さんとは上手くいっているのだろうか
これではとても長くは保たない。だが俺の情けない懇願を聞いた千恵利はペニスを吐き出して言った。いいんだよ、タカ君、オクチに出しちやって。そうだ、命令してよ!緒にイケって。…千恵利、一緒にイキなさい。こうして美しい妻の自慰行為と同時のディープスロートが再開され、長くは保たない俺に合わせて指の動きを一層激しくした千恵利は、俺が劣情のクリームをぶしゃっと口内にしぶかせた瞬間、ウッと背筋を弓なりに反らして昇天したようだった。俺の方は放出してテ。ションが下がりポニテールを離してしまったが、千恵利は射精したペニスをなおも離そうとせず、出されたザーメンをゴクリと飲み下した。

 

君じゃない女とたくさんセックスしてるんだ

気がした。これも千恵利のテクニックが優秀なために違いなく、当分抱いた事もなかった妻なのにどうして突然性戯が上達するのか?どうしても嫌な方に疑惑が膨らんでしまうが、俺の身体の方は初めて経験するアナル責めの心地良さで腰が砕け立っていられなくなった。すると千恵利が俺の身体をベッドの上に誘導する。ねえ、今度は舐めっこしよ。千恵利のオシリノアナも舐めてね。こうして彼女の方が上になってのシックスナインが始まり、そんな行為自体も彼女のアナルを舐めたのも始めてだったが、千恵利は羞じらいながら素晴らしい反応を見せる彼女もやはり尻穴は優秀な快楽源だったのだ。こうして愛する妻が初めてのアナルも加えた多所責めの快感に慎みを失ってよがり狂う痴態は俺を否応なく興奮の坩堝に叩き込み、邪念が頭から消えた。

射精をしていないので

アナルにもそしてそのままペロペロ。グングと精液の残滓を一滴残らず舐め取り始める、やや冷静になった俺はますます増大する疑念を拭えなかった。おかしい。千恵利がこんなにエッチな女だったなんて…誰かに仕込まれたのかだがそんな疑念もあって、美しい妻の熱心な。お掃除フェラを受けてもイマイチ回復の鈍い夫に、千恵利が仕掛けて来た手管は俺の理性を打ち砕いた。千恵利ー駄目だよ、そんな汚い所。ダーメ!ほら、気持ちいいでしょ?千恵利は俺の尻穴を指で開いて舌を器用に侵入させ、スルスルと滑らかに舐めながら出入りさせて来たのだ。もちろん男女共そんな排泄器官に性感帯が存在すると言う知識はあったが、初めて経験するアナル舐めはビックリするくらい気持ちが良く、下半身がジーンと痺れて力が入らなくなる。

とか言いつつも俺の肉棒をしごきあっという間にイキそうになったんで

守は乳首から指を離し

オナニーして極めて来いと命令されました
いやあ、いや、いや、ご覧にならないで、あなた、ごめんなさい。夫に詫び懸命に身体を隠そうとするが、隠しようがない。おまけに少し身動きしただけで、この世のモノとも思えない、山崎の悲鳴が上がる。少しでも身動きする度に、悲鳴が聞こえるのだ。どれほど、この状態から逃げたくても、ついつい、動くのをためらってしまうのも当然だった。

フェラチオがすごく丹念だとか

他人のために痛みを我慢することはあっても、他人の痛みなどどうでも良いと思えるような和花ではなかった。良いんだ。仕方がなかったんだよ。それは、オレが一番よく知ってる。悪いのはこいつなんだ。からな。牧野は、優しく-花の声をかけるが、和花は、合わせる顔がないと言いたげに、顔を背けた。ままだ。その和花の腰が少しでも動かないように、山崎は、和花の腰を抱えたまま、苦悶の表情をしている。うがあ、いくらでも、お詫びするから、頼む、とってくれ、頼む。

 

オーガズムが

和花、痛いか?外せる?どんな事情であれ、さすがに、目の前で、男のモノを受け入れたままの妻と会話をするのは辛い。ううん。私は、痛くないけど。でも、外れないの。ごめんなさい、こんな所を。和花は、外そうと試みる度に、山崎の悲鳴が上がって動けない。たとえ相手が、自分を犯した相手であっても、そんなヤツの痛みなどどうでも良いと、割り切って、冷酷になるには、和花は優しすぎたのだ。山崎とかいうんだったね。エライ、政治家なんだって?マスコミで、何度も見た顔だ。

男はピアスと乳首から手を離さず
う、そ、そうだ、早く、早くとってくれ、頼む、ちぎれる。オレの女房を、ずいぶん、弄んでくれたようだな。悪かった、謝る、すまん、本当にすまん。カネなら、カネならいくらでも出す。くれ、頼むう。頼む、とって脂汗が額ににじみ出ていた。声を掛ける。この人、樹が後ろからほら、テレビでよく見る、あの人よね。

 

股間は性懲りもなくすっかり回復してしまった

何を思ったのか、頬に笑顔すら浮かべた後、牧野は、姉に聞く。ね、これ、取る方法は?普通は、女性に筋弛緩剤の筋注か、安定剤を入れるんだけど…無理に取ると、綿体が破裂することもあるかも。でも、ここには、クスリなんてないし。和花に、悪いことは起きない?これを無理矢理取ると、さペニスの海山崎が蒼白になった顔を、さらに青くする。牧野が言わんとしていることをいち早く悟った。や、やめろ、医者を、医者を呼んでくれ!頼む!樹は、すべてを悟って、大丈夫、と一言だけ言って、目をそむけた。弟がやろうとしている。ことを、止める気はないが、そのまま見ていることもできそうになかったのだ。

瞬時にあの痴漢を思い出したからだった

藤木さんが笑います昨日のマイア様の調教のおかげでしょうかシュンちゃん。ウソと曖昧に頷く牧野。テレビで見かける、ね、威厳も、重々しい顔つきの片鱗すらないが、間違いなく、近い将来の総理大臣が約束されていると言われている、あの山崎だった。山崎は、そこでついつい、言わずもがなのことを言ったのだ。本来の傲慢さを、痛みのせいで抑えかねたのかもしれない。そんなことはどうでも良いだろう!早く取れ!痛みのあまり、山崎の本性が出たのだろう。しかし、その一言が、牧野の怒りの沸点を超えさせた。

宮川と2日前に痴漢されたとき前つぶやいてからその名前と顔が頭に浮かび

陵辱されてしまうと恥ずかしいくらいメロメロになってしまうんですけど

おい、お前、何をそんなにピンピンにしてやがるんだい!恥をお知りよ、この豚野郎っ!ぐおおくっつひとみちゃんが手を離してくれてホッとしたのも束の間、久美子さんがハイヒールで俺の股間に強烈なケリを入れて来た。激痛に涙まで浮かべていた。俺は大きな悲鳴を上げ。ママー、せんせーがかわいそうだよー。ちんちんが壊れちゃう!そう言って小学生とは思えない、心のこもった優しさで握り締めて来た。
マンコの中をかき回される

ひととおり亀頭を舐めつくすと

ひとみちゃんの小さな柔らかい手の中で、俺のムスコは凄まじい勢いでドクドクと脈動し、強烈な勃起を示していた。ねえ先生、確か小さな女の子に変な興味なんかお持ちではないとおっしゃいませんでしたか?ひとみにチンポを弄られて、えらく興奮しておられるようにお見受けしますけど。せんせーのちんちん、すっごく熱いよー。何だかヤキイモみたい。やっぱり先生はロリコンのヘンタイ教師でいらっしゃったのですね、イヤラシイ…ああ、ひとみちゃん、やめてくれ!俺は、おませなひとみちゃんがゆっくりシコシコと手を動かし始めるとどうしようもない興奮に包まれ尻の方からムクムクとわき起こって来る猛烈な射精欲求に泣きたい気分になった。ひとみちゃんの。手コキ。で達してしまうようなことがあったら、俺は一体どう申し開きをすれば良いと言うのか。

 

乳首を口に含んで舌で転がすと

が、つぶらな瞳で一生懸命男のシンボルをしごき立てるひとみちゃんを、俺はとうとう怒鳴ってしまった。や、やめなさい、ひとみちゃん!えーん、せんせーがこわいよー。大きな声で怒鳴るとひとみちゃんは手を離してくれたのだが、それは!時の救いに過ぎない。しょうがないね。ひとみ、て帰っちゃいましょ。こんな言うことを聞かない先生は、ほっとい。
とくセックスに関するものばかりだったなのに
乳首をやさしく弄られると

ペニスも感じまくって

待って下さいつつーしこんなどことも知れぬ野外に、手と首の拘束具だけの全裸で放置される。恐怖で、俺は顔が引きつっていたと思う俺のような体の馬鹿でかい男がこんな格好をしているところを見られたら、変質者そのものではないか。小学生の教え子とその母親のドレイにされたなどと言って、誰が信じてくれるだろう。警察に補導されて身元を知られ、教育委員会から懲戒処分を受ける最悪のシナリオが頭をよぎる。そして何よりも辛いのは、これを逃したら二度とめぐり会うことはないであろう、最高のパートナーである真菜との結婚が間違いなく破談となることだ。

前戯のないセックスなんてできない

仮に仕事を続けることは叶っ彼女から蔑みの目で見られ交際を断られたら、何だい、先生。かわいそうだから首輪のチェーンくらいは外しといてやても、俺の人生真っ暗だ。後は自分で何とかして帰りなそう言って木から首輪を離してくれた久美子さんに、るよ。俺は必死ですがり付くようにして懇願した。お願いです!何でも言うことを聞きますから、一緒に連れて帰って下何しろここがどこであるかさえわからないのだ。り怯えてだらしなく泣きながらそう訴えた。小心者の俺は、すっか。
スパイになっているとは思わな性欲に狂った熟女11という演技をさせている

私のアソコはカラカラアワビ状態


ねえママ、せんせーが何でも言うこと聞いてくれるんだって。ひとみ、先生を一緒に連れて帰ったげる?おお、何と言う優しい子だろう。やっぱりひとみちゃんは天使だ。いや、天使ではない。彼女は俺の。ご主人様。なのだった。せんせー、ひとみのこと、ひとみ様って呼んでね。…ひとみ様。それじゃ私は久美子様とお呼び。久美子様。俺はそう2人の。ご主人様。

お尻を向けると

乳首を捻り上げてる手をそのままに

前屈みになっているので乳房の間に深い谷があるやはり黒いパンティに包まれた下半身も
のんびり香奈ちゃん、のことなのだ。の目下、唯一で、最大の心配事は、お腹の子ども垂れ気味の、優しそうな目が、パッチリと見開かれて、まるで、世界の終わりを告げられたような深刻な表情だ。眉が寄せられる。ク色のはずの頬から、血の気が引くのが見ていて痛々しいほどだっ事態の深刻性をようやく香奈が理解してくれたと見極めて、桜木は一つ肯いてから、やや低い、通る声で続けた。それで、本来なら、発熱外来で、十分な感染防護措置をとって検査をする。んですが、それまで、待てない可能性があります。香奈は、これ以上ない不安のどん底に落とされた。

処女強奪で

待てないって、そんな危ないの、この子。母性が、さりげなくお腹に手を当てさせている。子どもを何としても守ろうという、母親の動きそのものだったが、その見る人がいれば痛々しさを感じる。手が、まるで少女のように華奢なのが、かもしれない。発熱外来といえば、イ。フルエンザにかかった人が、なんだか、カプセルのようなモノに入れられて運ばれるところだったのではなかったか。そんなに事態は危険だというのか。結婚するまではそれなりに、世の中のことに関心を持っていた香奈も最近は、ニュースすら興味が無くなっている。

 

怒張が膣内で縦横無尽に揉みあげられ

ずいぶん前にチラリと見て、朧気に覚えているニュースのイメージが頭にちらついた。幸い、母胎の、つまり、青山様のお体は、現在、発熱も?ありませんわ。大丈夫、全然何ともありません。きっぱりと言い切る香奈。天然系の香奈も、子どものことには、キリリとありたいと願うのは、当たり前だ。子どもを何としても守りたいという決意が、はきはきした物にさせていたのだ。

ビンに膨れあがっているクリトリスを攻めたてるように舌で弾いた
よかったぁ。その受け答えを普段に似ず深刻そうな表情の桜木が、初めてニッコリしたので釣られて、香奈もホッとする。では、他の方に感染させないように、私が来た甲斐がありました。は、は。すぐ、こちらで緊急に検査をいたします。結果次第で、ここから救急車を手配いたしまして、国の指定医療機関にお連れすることになります。救急車、ですか。それも、感染防護措置のある救急車になりますから、少々、大ゴトです。

 

奴隷として飼ってやる

ワクチンだけでも良い場合もあります。微妙に言いよどんだ姿に、やはり、それほど重大な問題なのね、と緊張が増してくる。で、とにかく、まず検査をさせていただいて。あの、このあと、外出なさるご予定とか、ご来客の予定なんかは?ちょっと図書館にでも行こうかと思ってた程度で。あの、そんなに時間が?やりかけの洗濯物は、きれいに忘れ去っている香奈だ。えぇっと、ことは、お子さんの命に関わる問題ですから。

恐れ浴槽をオッパイやお尻に洗剤をつけて

マンコの中をかき回される申し訳なさそうに桜木が告げると、香奈は、子どものためなら、それも仕方ないとは思うのだが、大騒動になるのだけはイヤだ、と思ってしまうのも本心だ。マンショの中で、後でどんな噂が立てられるのか、考えただけでも怖い。賃貸と違って、生まれてくる子どものために、やっと買ったマソンヨだった。噂が嫌だ、とすぐに引っ越すわけにも行かないのだ。あの、そんな大事に…。いえ、あくまでも最悪の場合です。