股間を隠し

レイプで

恥垢の溜まりやすいところも厭わず舐め回す大陰唇と花弁のあいだやクリトリスの裾野なミクは自分の身体を眺め、字を指でなぞります。どうした!?イヤなのか?胸から腹に書けて書かれた。の文メス豚奴隷は素手を床タイルに突き、みずから小用便器に顔をうずめました。そしてペロペロとピ。ク色の舌で汚れを舐め取り、お掃除奉仕を始めたのです。私は絶句したまま、機械のようにただカメラのシャッターを切りました。
お尻ももちろんです
股間のペニスは萎えるどころか乳首をいらい

村上の肉棒を涼子がフェラチオする番だった

蜜液は膣鏡の嘴まで濡らしはじめている

A氏は相好を崩し、彼女の秘裂を指でくすぐって。ご褒美。を与えます。うううんっ!今日も皆さんの便所になるよな?はい…ならせてください!ピチャピチャという濡れた音は彼女が舌掃除する部分だけでなく、おまこからも聞こえています。ミクはまるでそうすることが当然のように小用便器に腰掛け、男性の前に乳房を突き出しました。A氏は満足げに彼女の首輪から伸びた鎖を便器の上部にある銀色の取っ手につなぎます。

秋穂は下着姿のまま寝室の姿見の前に立ち

お願いします…私をみなさんのお便所として使ってください…公衆便女·ミクのその言葉を合図にそれまでトイレの入り口をふさいでいた男たちが彼女の前でペニスを取り出し、次々に放尿を始めました。勢い良く飛び散る金色のほとばしりを浴びながら、便女は。私をもっと汚してください!と懇願します。一人、二人…四人全員のオシッコを身体で受け、しかミクの目がとろりと潤んでいるのが分かりました。A氏はようやく便女らしくなってきたないつと小馬鹿にしたような声を出しましたが、彼女はそれが聞こえているのかいないのか、今度はたった今、放尿を終えたばかりのペニスを前に。お願いです。ミクをザーメン便器として使ってください!
オッパイは柔らかくてユサユサ揺れて迫力充分

なるべく彼の股間から意識を前方へ向けるよう努力しました

とタイルに頭をこすりつけたのです。そこから先は、次々に男たちが彼女の喉奥にペニスを突き刺し、むせる。のも構わず口腔奉仕を要求しました。大量のザーメンを放出された公衆便女が。××さんのザーメン美味しいです。ありがとうございます!と涙目で絶叫する…という、むごたらしいばかりの悦虐地獄が続きます。ミクは何度も喉を突かれ、口から涎を垂れ流しながら、フェラチオを続け御礼の言葉を述べました。
歩勃起をこらえることなど不可能に決まっていた

巨乳に全体重がかかり

私は時間を忘れて、写真を撮り続けました。やがて全員の射精が終わり四人分のザーメンをお腹に中に飲み込んだミクは。みなさま、ありがとうございました…とつぶやき、全身を涙とオシッコと精液でドロドロにして微笑みました。ミク、良くやった。と言うと、彼女は。ご主人さま…と彼に抱きつきますA氏は誰のものとも分からない体液でぐちゃくちゃのミクを洋服が汚れるのも構わず抱きしめ、そのままスポーツカーに乗せて帰っていきました。私は毒気を抜かれ、他の男性陣に挨拶をしたのかも良く覚えていない状態で、自宅に帰り着いたのです。後日、ミクちゃんと電話で話す機会がありました。私、ちゃんと撮れてますかブスに写ってたらどうしようと明るい声を出しながらも、ポロリと。
オマンコにあなたの

股間にとどまった瞬間を見ていたのだろう

時々、いつまで私は公衆便女として使ってもらえるんだろう…ってたまらなく不安になるんです。と漏らしました。一度、本格的に調教を受ければM女はご主人さまの寵愛なくしては生きられなくなります。それでも強い刺激に慣らされた身体は元の生活に戻ることなど出来ません。来た道を帰れないのならば、たとえ行く先が奈落でも進むしかないのです。私はミクちゃんの言葉をただ聞くことしか出来ずに、電話を切りました。